帰ってきたオートマグ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Capture screen: Auto Mag Ltd. Corp website
クリント・イーストウッド主演映画「ダーティーハリー」にも登場したオートマグは、世界初の.44マグナム・カートリッジを使用するオートマチック・ピストルだ。流れるような曲線によって構成されたデザインに魅せられたファンも多く知名度が高い。

.44オートマグは開発者ハリー・サンフォードによって1969年に発表されて以降、70~80年代に複数の企業によって製造されていたが、惜しまれながら経営難により1982年を最後に製造を終えた。
しかし、新たに設立されたオートマグ社は2015年、サンフォード家から権利を買い取り、再び.44オートマグを製造することとなった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回のオートマグ社の計画は進行中であり、まだピストルは完成には至っていない。
    これまでのところオートマグ製造に関する製造技術、材料を得ることは成功したが、現在は情報収集と、オートマグ・ユーザーのコミュニティーから何が必要か、問題点は何かといったアドバイスを受け、目標を絞り、計画の道すじを探っている最中である。また、オリジナルのオートマグでは欠落していた予備パーツの充実、それもリーズナブルな価格で提供できるよう調整を進めている。

    予定では2016年3月にステンレススチール・マガジン製造用ツールの製造、及びプロトタイプのボルト、ファイアリングピン、スプリング、バレルといったアッパーパーツを完成させるとのことだ。

    完成にはまだ時間を必要としているが、ファンの期待を集め注目されている。

    Text: ポル - FM201603

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
    「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布
    エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用?
    ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)
     「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布 (2017-08-08 13:38)
     エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用? (2017-08-08 12:26)
     ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始 (2017-08-04 16:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop