NEWS

米軍特殊部隊のライフルが不足?下院軍事委員会で質疑応答がおこなわれる

海外軍事

U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class William S. Parker/Released
2016年3月1日、下院軍事委員会がひらかれた。そのとき、共和党のダンカン・ハンター下院議員は、SOCOM司令官ジョセフ・ボーテル将軍に質問した。


Photo: Duncan Duane Hunter / U.S. Government
「過日、私の事務所に海軍特殊部隊のある指揮官が訪ねてきて、驚くべきことを教えてくれた」「その指揮官によると、過去5-6年で海軍の組織や体制が大きく変わり、現場の部隊に十分なライフルが支給されていないというのだ」「1丁のライフルを複数の兵士で共有しなければならないほど、ライフルが不足しているそうだ」「例えば、ある兵士が戦地から帰還すると、ライフルに取り付けてある自分の光学機器をすべて取り外し、次に戦地へ赴任する兵士にライフルを渡さなければならない。そのため、兵士は、その都度、光学機器を取り付け調整をしなければならない状態らしい」「海軍特殊部隊には毎年膨大な予算が計上されているはずだが、にもかかわらず、兵士に十分な数のライフルが行き渡っていないのはどうゆうことなのか」

Photo Credit: U.S. Army photo
このハンター下院議員の質問に対し、ボーテル将軍は、「兵士にライフルが十分に支給されていないという事実はない(1人に1丁とは明言していない)」「海軍特殊部隊の兵士は、1回の作戦や訓練で一般の兵士とは比べ物にならないほどの量の弾を撃つ」「任務後に十分なメンテナンスを行う必要があるため、兵士からライフルを回収しているのだ」「おそらく、これが1丁のライフルを複数の兵士で共有しているように見えるのだろう」と回答した。

ハンター議員も食い下がる。
「撃った弾の量は関係ない。ライフルは、兵士一人に1丁支給されるべきだ。海軍特殊部隊には膨大な予算が計上されている。これらの予算はどこに消えたのか」

再びボーテル将軍は、「最近5-6年で、海軍特殊部隊の規模はほぼ2倍になり、また、兵士の一人当たりの装備も、高性能ヘルメットやGPSなど高価なものになっている。それらに予算が適切に使われている」。と答えた。

結局、この質疑は要領を得ないまま終わった。

これはアメリカの軍事委員会によくある風景である。国民が軍事に関心があることを示す好例ともいえるが、一方で軍事費にまつわる「闇」の部分もあることも示している。

Stars and Stripes 2016/03/01
Text: 友清仁 - FM201603

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
逃げ惑う群衆に襲い掛かるダーイッシュ (IS) の魔の手。SAS スナイパーが「1 ショット 3 キル」の活躍
アメリカに亡命を求める初のアフガン人女性パイロット
イラク・モースルでダーイッシュ (IS) 討伐支援のために展開中のフランス軍特殊部隊の映像
シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言
米空軍最後の現役F4ファントムⅡによる最後のフライト
イラクのモースル大学がダーイッシュ (IS) から解放。米陸軍特殊部隊オペレーターの写真が話題に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 逃げ惑う群衆に襲い掛かるダーイッシュ (IS) の魔の手。SAS スナイパーが「1 ショット 3 キル」の活躍 (2017-01-23 19:24)
 アメリカに亡命を求める初のアフガン人女性パイロット (2017-01-23 17:24)
 イラク・モースルでダーイッシュ (IS) 討伐支援のために展開中のフランス軍特殊部隊の映像 (2017-01-23 13:14)
 シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言 (2017-01-20 21:22)
 米空軍最後の現役F4ファントムⅡによる最後のフライト (2017-01-20 19:57)
 イラクのモースル大学がダーイッシュ (IS) から解放。米陸軍特殊部隊オペレーターの写真が話題に (2017-01-20 17:07)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop