射手の露出を最小限に抑えて精確に狙い撃つイスラエル発祥の「コーナーショット」システム

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
女性シューターで人気 YouTuber の Kirsten Joy Weiss 氏がコーナーショット (Corner Shot) のレビュー映像を投稿した。

イスラエルに本拠を構えるコーナーショット社は、イスラエル国防軍に所属実績のある上級士官が米国の投資会社と共に設立。2003 年の創設以来、コーナーショットのウェポンシステムは、各国の軍・法執行機関に納入され、着実にその戦闘実証 (battle proof) を積み重ねて来た。なお同社では、政府公式の機関以外への販売はおこなっていない。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    コーナーショットの創設者の 1 人であり、対テロ部隊の司令官を務めた実績を持つエイモス・ゴラン (Amos Golan) 氏は「コーナーショットのシステムは広がりをみせている対テロ世界戦争の中で、極めて大きな有効性を示すことができると確信している」と述べている。

    また同氏は「今日の戦闘は、暗く入り組んだ環境の中でおこなわれるものが多い。市街地戦闘を例にしても、建物や航空機、バス、電車といった中での戦闘が多く想定されている」とし、コーナーショットの活躍の場が広がりをみせていることにも言及している。


    Photo: Corner Shot


    Photo: Corner Shot via 2012 catalog
    コーナーショット・システムのアドバンテージは勿論、敵への露出を極力無くしながらも、精確に敵を狙い撃つ点が挙げられる。射手はバリケードを利用し、レーザーガイドの付いたカメラが捉えたモニター越しに狙いを定めることができる。また、映像を記録することにより、合法的な線引きの中で任務がおこなわれていたかを証明することもできる。


    Photo: Corner Shot via 2012 catalog


    Photo: Corner Shot Kitty Cat Camouflage Pack via 2012 catalog
    今年に入ってから、コーナーショット公式の YouTube チャンネルには製品紹介トレーラーが相次いで投稿されているので、そちらも見逃さずチェックしておきたいところだ。



    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある
    CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告
    カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
     あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある (2017-12-15 11:56)
     CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告 (2017-12-15 11:19)
     カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始 (2017-12-15 11:11)
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop