NEWS

テロ発生時に英国内全域を対象に急派、新たな SAS ヘリコプター飛行隊が編成

海外軍事

Photo: via photobucket
Helicopter SAS reaction force is ready for action.
フランス・パリで起きた同時多発テロ事件、ベルギー・ブリュッセルの連続爆破テロ事件と、欧州で相次いだ大規模な凶悪テロ事件を背景に、英国で新たな SAS ユニットがこの数ヶ月間、密かに訓練を重ねている。

マーク無しのブルーに染まった中型双発ヘリコプター「ドーファン (Dauphin) 」を使用することから、コードネーム「ブルー・サンダー (Blue Thunder) 」と名付けられている。

Photo: Home Secretary Theresa May / UK government
このヘリコプターの機動能力を活用した部隊は、テレサ・メイ (Theresa May) 内務大臣をトップに、7 名の警察連絡将校 (LO: Liaison Officer) と共に、対テロ警察の司令下で直接活動する。秘匿下にある 3 ヶ所の軍用飛行場と、地方にある無人の飛行場 2 箇所を拠点とする。テロリストによる不測の事態発生の際には、英国内のどこにでも急派され、テロリストの捕縛・排除に貢献する。

選り抜きの 70 名の精鋭 SAS 隊員が、ここ直近 6 ヶ月ほどの期間に渡って、廃墟を使っての急襲作戦や、原子力発電所、空港といった実戦想定の様々なシナリオ訓練を重ねている。

ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) は、パリ同時テロ事件の直後に次の標的として英国を示唆している。

Express 2016/03/29

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop