NEWS

テロ発生時に英国内全域を対象に急派、新たな SAS ヘリコプター飛行隊が編成

海外軍事

Photo: via photobucket
Helicopter SAS reaction force is ready for action.
フランス・パリで起きた同時多発テロ事件、ベルギー・ブリュッセルの連続爆破テロ事件と、欧州で相次いだ大規模な凶悪テロ事件を背景に、英国で新たな SAS ユニットがこの数ヶ月間、密かに訓練を重ねている。

マーク無しのブルーに染まった中型双発ヘリコプター「ドーファン (Dauphin) 」を使用することから、コードネーム「ブルー・サンダー (Blue Thunder) 」と名付けられている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Home Secretary Theresa May / UK government
    このヘリコプターの機動能力を活用した部隊は、テレサ・メイ (Theresa May) 内務大臣をトップに、7 名の警察連絡将校 (LO: Liaison Officer) と共に、対テロ警察の司令下で直接活動する。秘匿下にある 3 ヶ所の軍用飛行場と、地方にある無人の飛行場 2 箇所を拠点とする。テロリストによる不測の事態発生の際には、英国内のどこにでも急派され、テロリストの捕縛・排除に貢献する。

    選り抜きの 70 名の精鋭 SAS 隊員が、ここ直近 6 ヶ月ほどの期間に渡って、廃墟を使っての急襲作戦や、原子力発電所、空港といった実戦想定の様々なシナリオ訓練を重ねている。

    ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) は、パリ同時テロ事件の直後に次の標的として英国を示唆している。

    Express 2016/03/29

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査
    『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
    夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)
     初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査 (2018-05-17 13:26)
     『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける (2018-05-16 16:23)
     夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』 (2018-05-16 12:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop