NEWS

英首相、SAS によるダーイッシュ (IS) 掃討作戦に「待った」 EU 離脱の国民投票が背景に

海外軍事

A flag bearing the emblem of the Special Air Services (SAS) © Cathal McNaughton / Reuters
英国各紙は、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) 掃討を掲げ、陸軍の特殊部隊 SAS (Special Air Service, 特殊空挺部隊) を投入したシリアでの作戦が、ここに来て頓挫していることを報じた。デーヴィッド・キャメロン (David Cameron) 首相が、特殊部隊を使ったダーイッシュ幹部らの追跡、捕縛・殺害を拒否しているという。

ハイリスクを伴う特殊作戦の中で、隊員に死傷者が発生した場合を嫌ってのことで、議会からの責任追及を受けたくない首相サイドの思惑が指摘されている。一報を聞き付けた海外紙の中には、「キャメロン首相の優柔不断 (dithering) 」と紹介するところも出ている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: British Prime Minister David Cameron
    問題の本質的な背景にあるのは、6 月 23 日に控える「英国の EU 離脱、いわゆる "Brexit" (Britain (英国) と Exit (退出する) を組み合わせた造語) の是非を問う国民投票」の存在があり、「EU 残留」を支持しているキャメロン首相側は、「反戦争 (anti-war) 」を掲げている議員らの支持を失いたくないことから、国内政治情勢を踏まえての判断となっている。

    EU 加盟の中でも大国の 1 つである英国が、EU 離脱を決定した場合、現在移民危機で苦しんでいる EU を大きな混乱に陥れてしまう。また、スコットランド問題にも影響を及ぼすことが予想されるなど、大きなターニングポイントとなってくる。

    SAS は、米国主導の作戦に必ずしも従軍しているわけではないが、シリアのラッカ周辺やリビアのスルトに少数のメンバーがなおも展開している。また、軍高官がサン紙に対して「我が軍は SAS のスコードロンをクルディスタン地域に待機させている。しかし彼らは、政治的な制約のために境界線を超えることが許可されていない」「イライラが積もっている」と語っている。

    The Sun 2016/03/30

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop