NEWS

ロシアの AK-100 シリーズが、インドでライセンス生産を開始へ

海外軍事

Photo: via Rostec
ロシア国営兵器輸出企業、ロスオボロンエクスポルト (Rosoboronexport) 社のセルゲイ・ゴレスラヴスキー (Sergei Goreslavsky) 事務局次長は 3 月 29 日、インドで進めていたテスト製造の通過を受けて、カラシニコフ AK-100 シリーズのライセンス生産が始動することを明かした。
2014 年 2 月、カラシニコフ・コンツェルン (Kalashnikov Concern) は、2020 年までに生産を現在の 2 倍にあたる年産 15 万挺の規模に拡大して、売上を 4 倍の 240 億ルーブル (6 億 9,000 万ドル) に引き上げる計画を発表。その中で特に需要が見込まれるインドについては、「有望な市場」として位置付けており、年間 50,000 挺の製造能力を持つジョイント ベンチャーの設立のために 2,000 万ドルの投資を発表している。

関連記事:
ロシア Kalashnikov 2020 年までに年産 2 倍増、売上 4 倍増を計画

AK-100 シリーズは、1994 年にカラシニコフ社により設計され、その後生産の始まったアサルトライフルシリーズ。操作メカニズムこそ継承しながらも、ポリマー樹脂採用の他、随所に近代的な製造プロセスを採り入れるなどし、陳腐化した AK-47 を刷新している。

Rostec 2016/03/30

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop