NEWS

ロシアの AK-100 シリーズが、インドでライセンス生産を開始へ

海外軍事

Photo: via Rostec
ロシア国営兵器輸出企業、ロスオボロンエクスポルト (Rosoboronexport) 社のセルゲイ・ゴレスラヴスキー (Sergei Goreslavsky) 事務局次長は 3 月 29 日、インドで進めていたテスト製造の通過を受けて、カラシニコフ AK-100 シリーズのライセンス生産が始動することを明かした。
2014 年 2 月、カラシニコフ・コンツェルン (Kalashnikov Concern) は、2020 年までに生産を現在の 2 倍にあたる年産 15 万挺の規模に拡大して、売上を 4 倍の 240 億ルーブル (6 億 9,000 万ドル) に引き上げる計画を発表。その中で特に需要が見込まれるインドについては、「有望な市場」として位置付けており、年間 50,000 挺の製造能力を持つジョイント ベンチャーの設立のために 2,000 万ドルの投資を発表している。

関連記事:
ロシア Kalashnikov 2020 年までに年産 2 倍増、売上 4 倍増を計画

AK-100 シリーズは、1994 年にカラシニコフ社により設計され、その後生産の始まったアサルトライフルシリーズ。操作メカニズムこそ継承しながらも、ポリマー樹脂採用の他、随所に近代的な製造プロセスを採り入れるなどし、陳腐化した AK-47 を刷新している。

Rostec 2016/03/30

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop