NEWS

ロシアの AK-100 シリーズが、インドでライセンス生産を開始へ

海外軍事

Photo: via Rostec
ロシア国営兵器輸出企業、ロスオボロンエクスポルト (Rosoboronexport) 社のセルゲイ・ゴレスラヴスキー (Sergei Goreslavsky) 事務局次長は 3 月 29 日、インドで進めていたテスト製造の通過を受けて、カラシニコフ AK-100 シリーズのライセンス生産が始動することを明かした。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2014 年 2 月、カラシニコフ・コンツェルン (Kalashnikov Concern) は、2020 年までに生産を現在の 2 倍にあたる年産 15 万挺の規模に拡大して、売上を 4 倍の 240 億ルーブル (6 億 9,000 万ドル) に引き上げる計画を発表。その中で特に需要が見込まれるインドについては、「有望な市場」として位置付けており、年間 50,000 挺の製造能力を持つジョイント ベンチャーの設立のために 2,000 万ドルの投資を発表している。

    関連記事:
    ロシア Kalashnikov 2020 年までに年産 2 倍増、売上 4 倍増を計画

    AK-100 シリーズは、1994 年にカラシニコフ社により設計され、その後生産の始まったアサルトライフルシリーズ。操作メカニズムこそ継承しながらも、ポリマー樹脂採用の他、随所に近代的な製造プロセスを採り入れるなどし、陳腐化した AK-47 を刷新している。

    Rostec 2016/03/30

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop