NEWS

ポーランド特殊部隊向け「ペガサス」多用途車両調達計画が 2017 年度より始動

海外軍事

Photo: Currently Polish special forces use armoured HMMWV vehicles via Polish Military.
ポーランド軍の特殊部隊向け次期車輌調達計画が、2017 年度より始動する。同国の国防産業情報サイト Defense 24 が伝えた。

「ペガサス (Pegaz, Pegasus) 」と名付けられたこの特殊部隊向けマルチロール (多用途) 車輌の調達計画は、国防省の軍備視察団により進められており、①特殊部隊・憲兵 (Military Police) 向け調達と②陸上部隊向け調達という、大きく 2 つの異なるステージを対象におこなわれる。

関連記事:
HMMWV の始まりと 30 年の歴史、そして終わり
①については、特殊部隊用途 150 輌、憲兵用 130 輌の計 280 輌の調達が求められている。契約調印は、今年又は来年度におこなわれ、第一陣のデリバリーは 2017 年から始まることが見込まれている。

一方の②陸上部隊向け車輌については、①から遅れる事 2022 年以降での第一陣の受領が予定されており、数百両規模の調達になる見込み。


Fot. D. Sadza/Defence24.pl
昨年 7 月に Defense 24 は、ドイツのライメンタル (Rheinmetall) 社と KMW (Krauss-Maffei Wegmann) 社が、装甲多用途車両 (AMPV: Armoured Multi-Purpose Vehicle) の開発を手掛けるとし、ポーランドの装甲車両メーカーであるロソマク社 (ROSOMAK S.A.) がペガサス計画に携わることに言及している。

Defense 24 2016/03/24

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop