NEWS

米議員、SEAL 隊員の戦闘テクニック訓練に疑問。海軍特殊作戦司令部 (NSWC) 新トップの方針を不支持

海外軍事

U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Scott Raegen/Released
軍務経験を持つ議員が、海軍特殊部隊 SEAL 隊員における戦闘テクニックの一部について「従来の方法よりも効果が薄れる方針を打ち出しているのではないか」と疑問を呈した。


Photo: Duncan Duane Hunter / U.S. Government
問題を提起しているのは、ダンカン・ハンター (Duncan Hunter) 下院議員。
先月、「多額の予算を投じているとされる我が軍の特殊部隊において、ライフルをはじめとした先進の個人装備が不足しているのはどういうことだ?」と議会に問い掛け、特殊作戦司令部 (SOCOM) トップのジョセフ・ヴォーテル (Joseph Votel) 長官と応酬した人物。ハンター議員は、海兵隊士官の経歴を持ち、下院軍事委員会のメンバーでもある。

関連記事:
米軍特殊部隊のライフルが不足?下院軍事委員会で質疑応答がおこなわれる

そして今回、ハンター議員はアシュトン・カーター国防長官宛に「SEAL の訓練から CQD (Close Quarters Defense) が廃止傾向にある」と懸念を示した文書を提出した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Rear Admiral Tim Szymanski / U.S. Navy
    背景にあるのは、今年 3 月に前任のブライアン・ロージー (Brian Losey) 准将に代わって海軍特殊作戦司令部 (NSWC: Naval Special Warfare Command) トップのポストに就くことを指名されたばかりのティモシー・シジィマンスキ (Timothy Szymanski) 次期長官の打ち出した方針にある。


    Photo by Lance Cpl. Paul S. Martinez / MCAGCCTP-C
    ハンター議員サイド曰く「シジィマンスキ長官は、CQD よりも混合格闘技 (MMA: Mixed Martial Arts) を選択する中心的人物だ」とし、長官の新ポストにおける適正についてまでも疑問を抱いているようだ。

    また、提出された文書の中では、「MMA 用の訓練では SEAL 隊員 1 名に付き 2,900 ドル (=約 315,000 円) の費用が掛かるのに対して、CQD は僅かに 345 ドル (=約 38,000 円) だ」として、コスト面でも効率が悪いとする見解を示している。

    なお、シジィマンスキ長官のプロフィールについて触れてみると、同長官はデラウェア州ウィルミントン出身で、海軍兵学校予備校 (NAPS: Naval Academy Preparatory School) で学び、1985 年に海軍兵学校を卒業。海軍に入隊後 SEAL 輸送潜水艇チーム 2 で指揮を執っている。そしてその後は、海軍特殊戦開発グループ (DevGru) で副司令官の重責を務めており、アフガニスタンでは特殊ボート部隊、SEAL チーム 2 の指揮を執っている。

    また、アフガニスタンにおける特殊作戦の統合任務部隊 (JTF: Joint Task Force) や NATO では特殊作戦コンポーネント司令部 (NSOCC-A: NATO Special Operations Component Command-Afghanistan) での副司令官を経て、現在、ノースカロライナ州フォートブラッグの統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) で司令官補佐の要職に就いている。

    Military.com 2016/04/06

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop