NEWS

元・米海軍特殊部隊 ST6 隊員が飲酒運転で逮捕

海外軍事

Photo: Ex-ST6 (DevGru) Robert O’Neill
米各紙によると、9.11 同時多発テロ事件の首謀者の殺害に大きく貢献した退役特殊部隊員が、飲酒運転 (DUI: Driving Under the Influence) の容疑で逮捕された。

逮捕されたのは、元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員のロバート・オニール (Robert O’Neill) 容疑者 (39 歳)。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    同容疑者は、8 日 (金) 午前 2 時半頃、合衆国の北西部にある地元モンタナ州で、コンビニエンスストアに駐車し、その車内で睡眠していた。

    エンジンが掛かったままの車輌を不審に思った地元民が警察へ通報。駆け付けた警察官が職務質問をおこなったところ、酩酊による不審な言動を確認。その場でおこなった即席の飲酒テストにおいて、呼気から基準値を上回るアルコールが検出された。

    過去に犯罪履歴が無かったことなどから、685 ドル (=約 74,000 円) の保釈金を支払い、数時間後に釈放されている。

    オニール容疑者は、オサマ・ビン・ラディン (Osama bin Laden) 容疑者の急襲を掲げた作戦「Operation Neptune Spear (海神の槍作戦)」で差し向けられた、海軍の最精鋭チーム ST6 (SEAL Team 6, a.k.a. DevGru) の中で、アサルターであるレッドチームのメンバー。ビン・ラディン容疑者へ最後の一発を見舞った「Shooter」だと主張している人物。

    2012 年に軍を後にし、2015 年 3 月に FOX News に軍事専門のコメンテーターとして参加している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop