BAE システムズ、陸自向け AAV7A1 RAM/RS ×30 輌の製造を 8 月に開始。2017 年末に完納予定

国内軍事関連 Comments(0)

Photo: via BAE Systems
BAE システムズは、日本の防衛省から陸上自衛隊向け水陸両用強襲車輌 (AAV) の製造契約を受注した。


Capture screen from 11th MEU's video
水陸両用車の後部から飛び出し展開する陸自隊員。アイアン・フィスト渡米演習より
関連記事:
米海兵隊が陸上自衛隊の渡米演習「アイアン・フィスト」映像を続々と公開
AAV7A1 RAM/RS (Reliability, Availability, and Maintainability/Rebuild to Standard) × 30 輌の供給には、教育訓練教材の他、道具類や試験装備、支援整備が含まれる。

AAV7A1 RAM/RS のバリエーションは、よりパワフルなエンジンと動力伝達装置、刷新されたサスペンション・システムなど、オリジナルの AAV7A1 を凌駕するパフォーマンスを持つ。

生産は今年の 8 月にも始まり、1 年後のデリバリー開始となり、2017 年末に完納する見込み。

関連記事:
三菱重工業、水陸両用強襲車輌 AAV の試作機を開発

BAE Systems 2016/04/07

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ
ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売
田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介 (2018-08-06 18:58)
 豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)
 ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ (2018-06-29 13:15)
 ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売 (2018-06-26 16:37)
 田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
 陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop