BAE システムズ、陸自向け AAV7A1 RAM/RS ×30 輌の製造を 8 月に開始。2017 年末に完納予定

国内軍事関連

Photo: via BAE Systems
BAE システムズは、日本の防衛省から陸上自衛隊向け水陸両用強襲車輌 (AAV) の製造契約を受注した。


Capture screen from 11th MEU's video
水陸両用車の後部から飛び出し展開する陸自隊員。アイアン・フィスト渡米演習より
関連記事:
米海兵隊が陸上自衛隊の渡米演習「アイアン・フィスト」映像を続々と公開
AAV7A1 RAM/RS (Reliability, Availability, and Maintainability/Rebuild to Standard) × 30 輌の供給には、教育訓練教材の他、道具類や試験装備、支援整備が含まれる。

AAV7A1 RAM/RS のバリエーションは、よりパワフルなエンジンと動力伝達装置、刷新されたサスペンション・システムなど、オリジナルの AAV7A1 を凌駕するパフォーマンスを持つ。

生産は今年の 8 月にも始まり、1 年後のデリバリー開始となり、2017 年末に完納する見込み。

関連記事:
三菱重工業、水陸両用強襲車輌 AAV の試作機を開発

BAE Systems 2016/04/07

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催
米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発
「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有
警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開
国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」
2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感!
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催 (2017-02-21 12:44)
 米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発 (2017-02-20 17:54)
 「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有 (2017-02-20 16:03)
 警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開 (2017-02-16 19:50)
 国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」 (2017-01-27 17:46)
 2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感! (2017-01-14 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop