NEWS

ロシア連邦保安庁特殊任務センター「A」によるテロリスト掃討作戦映像

海外軍事
2016年4月13~14日に掛けてロシア連邦 ダゲスタン共和国首都マハチカラ近郊のレニンケントにて、武装集団が潜伏している家屋があるとの通報を受けロシア連邦保安庁及びロシア内務省は掃討作戦(反テロ作戦)を行うことを決定した。

問題の家屋周辺を封鎖し、周辺住民に退去するように勧告を行った。そして包囲が完了し、当局は家屋に立て籠もった武装集団に対し、速やかに武器を放棄し投降するように勧告を行った。

しかし投降勧告の返答が銃撃であったため、連邦保安庁と内務省は武装集団への掃討に移行することを決定し、潜伏している家屋に対し激しい攻撃を行った。この掃討作戦は夜遅くまで続けられ結果3名の過激派を射殺した。この後の調査でこの射殺したメンバーの内一人は今年3月以降に起きたテロ事件の首謀者であることが判明した。制圧した家屋からは多数の武器弾薬が押収され、弾薬庫として利用されていた模様である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    なおこの掃討作戦では、ロシア連邦保安庁特殊任務センター A局(アルファ部隊)が "Каратель"装甲車と共に参加していることが公開された動画で判明し大きな話題となった。基本的に特殊任務センター A局(アルファ部隊)が掃討作戦で大々的に映ることは稀であり、“A”と示されたパッチを惜しげもなく公開している。

    関連記事:
    プーチン大統領、ロシア連邦保安庁 (FSB) 特殊任務センター用の「バットモービル」を視察

    他にも"Каратель"装甲車が実戦に出ることは初めてであり、実戦運用目的として持ち込まれた可能性も高いものと思われる。公開された動画では何故か後半にA局(アルファ部隊)・"Каратель"装甲車が映っており、彼らが掃討作戦にて作戦行動を行ったのか疑わしく、掃討作戦が終わった後に“撮影”として来た可能性も捨てきれないものではある。

    最後に今回の掃討作戦においてロシア連邦軍や内務省に配備が進んでいるティグル装甲車に追加装甲キット及び装甲銃座を取り付けたモデルが確認されているのも目新しい。

    Text: WT83 - FM201604

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop