「日の丸」ステルス実証機 X2 が初飛行

国内軍事関連
国産ステルス実証機の「X2」が 22 日午前、愛知県西春日井郡豊山町の県営名古屋空港を離陸し、岐阜県各務原市 (かがみはらし) にある航空自衛隊岐阜基地に着陸。25 分に渡る初飛行をおこなった。
防衛装備庁は 1 月 28 日に、三菱重工業との間で研究試作をおこなっている先進技術実証機 (ATD-X: Advanced Technological Demonstrator-X) を「X-2」と型式制定をしており、2 月中旬以降での初飛行を計画していると発表していた。


Image: ATD-X / TRDI
先進技術実証機は、平成 21 年度から研究総経費に約 393 億円を投じて開始。飛行実証により、「ステルス技術」「高運動技術」「システムインテグレーション」の成立性を確認し、運用上の有効性を検証することが目的となっている。機体は、全長 14.2 メートル、全幅 9.1 メートル、全高 4.5 メートル。


Image: Thrust vectoring paddle / TRDI
先進技術実証機では、「高運動性」と「ステルス性」という本来相反する課題に取り組み、その両立を目指している。技術研究本部が開発した約 5 トンの最大出力を引き出す実証エンジン「XF-5」を搭載する他、「飛行制御統合技術 (IFPC: Integrated Flight Propulsion Control) 」を採用することで、エンジン制御と飛行制御を統合化。各エンジンの後方に 3 枚取り付けられたエンジン推力偏向パドルにより、空力舵面の効果が限定されている高迎角域においても、エンジン推力を直接偏向することで、高い運動性を実現する。また、経費低減の為に T-4 や T-3 といった既存機の部品を一部機体に活用している。

時事通信社/JIJIPRESS 2016/04/21

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催
米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発
「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有
警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開
国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」
2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感!
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催 (2017-02-21 12:44)
 米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発 (2017-02-20 17:54)
 「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有 (2017-02-20 16:03)
 警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開 (2017-02-16 19:50)
 国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」 (2017-01-27 17:46)
 2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感! (2017-01-14 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop