「日の丸」ステルス実証機 X2 が初飛行

国内軍事関連
国産ステルス実証機の「X2」が 22 日午前、愛知県西春日井郡豊山町の県営名古屋空港を離陸し、岐阜県各務原市 (かがみはらし) にある航空自衛隊岐阜基地に着陸。25 分に渡る初飛行をおこなった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    防衛装備庁は 1 月 28 日に、三菱重工業との間で研究試作をおこなっている先進技術実証機 (ATD-X: Advanced Technological Demonstrator-X) を「X-2」と型式制定をしており、2 月中旬以降での初飛行を計画していると発表していた。


    Image: ATD-X / TRDI
    先進技術実証機は、平成 21 年度から研究総経費に約 393 億円を投じて開始。飛行実証により、「ステルス技術」「高運動技術」「システムインテグレーション」の成立性を確認し、運用上の有効性を検証することが目的となっている。機体は、全長 14.2 メートル、全幅 9.1 メートル、全高 4.5 メートル。


    Image: Thrust vectoring paddle / TRDI
    先進技術実証機では、「高運動性」と「ステルス性」という本来相反する課題に取り組み、その両立を目指している。技術研究本部が開発した約 5 トンの最大出力を引き出す実証エンジン「XF-5」を搭載する他、「飛行制御統合技術 (IFPC: Integrated Flight Propulsion Control) 」を採用することで、エンジン制御と飛行制御を統合化。各エンジンの後方に 3 枚取り付けられたエンジン推力偏向パドルにより、空力舵面の効果が限定されている高迎角域においても、エンジン推力を直接偏向することで、高い運動性を実現する。また、経費低減の為に T-4 や T-3 といった既存機の部品を一部機体に活用している。

    時事通信社/JIJIPRESS 2016/04/21

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop