警視庁の捜査 1 課特殊班「SIT」が 振り込め詐欺グループのアジトを急襲

国内軍事関連
19 日 (火) 正午、東京千代田区の雑居ビルを舞台に、警視庁の精鋭部隊である「捜査 1 課特殊班 SIT (Special Investigation Team) 」による突入・制圧作戦がおこなわれた。その様子を収めた映像が、フジテレビ (FNN) 系列のニュースで報じられた。

SIT 隊員は、屋上からロープ降下により 2 段階に分けて急襲。突入時に放たれた閃光と爆発音が周囲に鳴り響いている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    国内のハイジャック事件や重要施設の占拠事案など「テロリスト」への対処を想定し、その事態の「制圧」と「人質救出」を最大の目的とする「SAT (Special Assault Team) 」に対し、SIT は「犯人の生け捕り」を任務とする刑事警察の特殊部隊。容疑者を捕縛し、取り調べて裁判に掛けることを前提としている。

    関連記事:
    警視庁・神奈川県警の特殊部隊「SAT」による合同訓練の映像が初公開

    FNN の報道によると、「警視庁は、SIT の隊員らで構成される振り込め詐欺専従捜査班、通称「ステルスチーム」を 7 年前から運用している」とのこと。密かに急襲を掛けることで、証拠隠滅を図ることを防ぐ狙いがあるとしている。

    フジテレビ (FNN) 系列 2016/04/20

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
    ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ
    ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)
     ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ (2018-06-29 13:15)
     ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売 (2018-06-26 16:37)
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop