警視庁の捜査 1 課特殊班「SIT」が 振り込め詐欺グループのアジトを急襲

国内軍事関連
19 日 (火) 正午、東京千代田区の雑居ビルを舞台に、警視庁の精鋭部隊である「捜査 1 課特殊班 SIT (Special Investigation Team) 」による突入・制圧作戦がおこなわれた。その様子を収めた映像が、フジテレビ (FNN) 系列のニュースで報じられた。

SIT 隊員は、屋上からロープ降下により 2 段階に分けて急襲。突入時に放たれた閃光と爆発音が周囲に鳴り響いている。
国内のハイジャック事件や重要施設の占拠事案など「テロリスト」への対処を想定し、その事態の「制圧」と「人質救出」を最大の目的とする「SAT (Special Assault Team) 」に対し、SIT は「犯人の生け捕り」を任務とする刑事警察の特殊部隊。容疑者を捕縛し、取り調べて裁判に掛けることを前提としている。

関連記事:
警視庁・神奈川県警の特殊部隊「SAT」による合同訓練の映像が初公開

FNN の報道によると、「警視庁は、SIT の隊員らで構成される振り込め詐欺専従捜査班、通称「ステルスチーム」を 7 年前から運用している」とのこと。密かに急襲を掛けることで、証拠隠滅を図ることを防ぐ狙いがあるとしている。

フジテレビ (FNN) 系列 2016/04/20

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催
米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発
「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有
警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開
国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」
2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感!
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催 (2017-02-21 12:44)
 米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発 (2017-02-20 17:54)
 「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有 (2017-02-20 16:03)
 警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開 (2017-02-16 19:50)
 国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」 (2017-01-27 17:46)
 2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感! (2017-01-14 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop