警視庁、秋葉原駅で SP による要人警護中のテロ発生を想定した訓練を実施。銃器対策部隊も参加

国内軍事関連
5 月 26 日 (木)、27 日 (金) に開催される「伊勢志摩サミット」を見据えて、秋葉原駅で警視庁の銃器対策部隊による対テロ訓練がおこなわれた。

テロリストが外国要人を銃を使って襲撃することを想定した訓練となり、一般市民が巻き込まれること織り込んだものとなっている。要人警護の SP と現場に駆け付けた銃器対策部隊の姿が確認できる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ■銃器対策部隊
    ・体制:各都道府県警察の機動隊に設置
    ・任務:
     銃器等を使用した事案への対処を主たる任務とし、原子力発電所等の重要施設の警戒警備にも当たる。
     重大事案発生時には、SAT (Special Assault Team) が到着するまでの一次的な対応に当たり、SAT 到着後の支援にも当たる。
    ・装備:
     サブマシンガン、ライフル銃、防弾衣、防弾帽、防弾盾等
    ANNnewsCH 2016/04/19

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開
    トヨタ製ランドクルーザー&ハイラックスを特殊作戦用にカスタム。バテル記念研究所の製造ライン映像
    ニコンの2018年新製品、『P-TACTICAL SPUR』レッドドットサイト
    2016年度版の米国向け銃器輸出の国別ランキングで1位はオーストリア。9位に日本がランクイン
    トヨタ製ハイラックス、ランクルをベース車輌とした米軍特殊部隊の『特別設計・規格外市販車輌(PB-NSCV)』計画
    米No.1軍用アイウェアブランド「ESS」から空挺用ゴーグルの新商品『JUMPMASTER』が日本国内新発売
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開 (2018-04-12 11:08)
     トヨタ製ランドクルーザー&ハイラックスを特殊作戦用にカスタム。バテル記念研究所の製造ライン映像 (2018-04-02 16:02)
     ニコンの2018年新製品、『P-TACTICAL SPUR』レッドドットサイト (2018-03-28 15:30)
     2016年度版の米国向け銃器輸出の国別ランキングで1位はオーストリア。9位に日本がランクイン (2018-03-08 19:00)
     トヨタ製ハイラックス、ランクルをベース車輌とした米軍特殊部隊の『特別設計・規格外市販車輌(PB-NSCV)』計画 (2018-03-08 13:19)
     米No.1軍用アイウェアブランド「ESS」から空挺用ゴーグルの新商品『JUMPMASTER』が日本国内新発売 (2018-02-28 17:09)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop