シリーズ最新作「バイオハザードVI:ザ・ファイナル」12/23 世界最速公開決定

映画・テレビ
12月23日(金)世界最速公開!

※画像は『バイオハザードV:リトリビューション』から。本作の画像ではありません。
アリスが挑む究極のバトルアクション!
いま、最後の戦いが幕を開ける――

日本発の大人気ゲームシリーズから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットしている究極のアクション超大作『バイオハザード』シリーズ。

2002年に初めてスクリーンに登場した映画『バイオハザード』シリーズは、1作ごとにスケールとパワーとファンを増殖させ独自のバイオワールドを築きながらも、それぞれ独立した作品としても楽しめるシリーズとしてこれまで世界中を熱狂の渦に包んできた。

そしてついに、本シリーズの第6弾にして最後の作品となる『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』が、生まれ故郷の日本で世界最速公開されることが決定した!日本公開は12月23日(金)。宿敵アンブレラ社との最終決戦の行方は――。

この冬、正真正銘、最後の戦いがはじまる。

ローラ、ハリウッドデビューの衝撃作!
ローラが本作『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』でハリウッドデビューを果たす!

演じる役柄は、アメリカのラクーンシティで発生した、人々をアンデッド化するT-ウィルス流出事件を生き延び、その開発元である巨大企業アンブレラ社とアンデッド達の大群を相手に、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人公アリスと共に最後の戦いを挑む女戦士コバルト役。主人公アリスと共に物語の行く末に大きく関わる重要人物だ。

南アフリカのヨハネスブルクとケープタウンで共演者と撮影に参加したローラの様子は、彼女が発信したtwitterやインスタグラムの写真でも大注目されている!

ミラ・ジョヴォヴィッチらとどんな競演を魅せるのか、今後も大いに期待が高まる!さらには、『バイオハザードⅢ』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じ人気を博したアリ・ラーターが最終章の本作でカムバック!

『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』(読み:ばいおはざーど しっくす ざふぁいなる)
監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ
原題:Resident Evil: The Final Chapter 全米公開:2017年1月27日


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop