NEWS

ロシア版「ターミネーター」 金髪美女による耐爆・耐火スーツの試験映像が公開

海外軍事
ロシアの金髪美女が、全身にスーツを纏って、爆発物の敷き詰められたフィールドを歩き、真っ赤に燃え上がる炎の中から現れる映像が公開され話題となっている。

インターネット上で、ロシア版「ターミネーター (Terminator) 」として紹介されているこの映像は、中央精密機械建造研究所 (TsNIIMash) で撮影されたもので、歩くそばから次々と爆発が起きるも、気に留めず颯爽と歩く姿が印象的だ。
YouTube にアップされたこの映像を、ドミトリー・ロゴージン (Dmitry Rogozin) ロシア連邦政府副首相が 22 日に FaceBook でシェアしたことから一気に拡散し、多くの海外メディアで紹介されている。

一部メディアでは「ロゴージン副首相はロシアの軍事を誇示するために新型の耐爆スーツを使った試験の様子を公開した」として紹介している。ロゴージン副首相は、ロシアの防衛・宇宙分野を担当している。

なお、この映像については「非致死性の爆発物を使った試験」と注釈が加えられており、ロゴージン副首相も「これはテストであり、コントロールの利く環境下でおこなわれている」とコメントを付け加えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop