NEWS

ロシア版「ターミネーター」 金髪美女による耐爆・耐火スーツの試験映像が公開

海外軍事
ロシアの金髪美女が、全身にスーツを纏って、爆発物の敷き詰められたフィールドを歩き、真っ赤に燃え上がる炎の中から現れる映像が公開され話題となっている。

インターネット上で、ロシア版「ターミネーター (Terminator) 」として紹介されているこの映像は、中央精密機械建造研究所 (TsNIIMash) で撮影されたもので、歩くそばから次々と爆発が起きるも、気に留めず颯爽と歩く姿が印象的だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    YouTube にアップされたこの映像を、ドミトリー・ロゴージン (Dmitry Rogozin) ロシア連邦政府副首相が 22 日に FaceBook でシェアしたことから一気に拡散し、多くの海外メディアで紹介されている。

    一部メディアでは「ロゴージン副首相はロシアの軍事を誇示するために新型の耐爆スーツを使った試験の様子を公開した」として紹介している。ロゴージン副首相は、ロシアの防衛・宇宙分野を担当している。

    なお、この映像については「非致死性の爆発物を使った試験」と注釈が加えられており、ロゴージン副首相も「これはテストであり、コントロールの利く環境下でおこなわれている」とコメントを付け加えている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop