NEWS

ロシア軍、車載機関銃を NSVT から 12.7mm Kord 重機関銃 (6P49) へのリプレイスを計画

海外軍事

Photo: 12.7mm machine gun NSV / Russian MoD
ロシア軍の軍用車両に搭載されている全ての 12.7mm NSVT 重機関銃が、ハイ・プレシジョン・ウェポンズ・ホールディング (High-Precision Weapons holding) 傘下の子会社となっているデグチャレフ・プラント (Degtyarev Plant) で開発された 12.7mm Kord 重機関銃 (6P49) にリプレイスされる計画にあると云う。

同ホールディングは、スチェッキン・リボルバー (Stechkin revolvers) やパーンツィリ-S1 (Pantsir-S1) 近距離対空防御システム、T-90 戦車乗員シミュレーターなど、多岐に渡る軍需装備品の開発を手掛けている。

1970 年代初頭に配備が進められ、老朽化した NSVT 機関銃は、ソ連邦の崩壊以降、部分的にカザフスタンへその生産ラインが移設されており、長らくロシア軍では新たな NSVT の受領がおこなわれていなかったとされる。

関連記事:
フルスクラッチビルドのエアソフト!ZPU-2 14.5mm 連装対空機関銃 / ミリブロ Report

Photo: НСВ-12,7 / Russian Internet
一方の Kord 機関銃は 1980 年代に設計され、1998 年にロシア軍で制式採用となった重機関銃。6P49 はその車載型バリエーションモデルであり、2000 年代初期にデグチャレフ・プラントによって開発されている。

12.7×108mm 弾を使う 6P49 の機関銃本体の重量は約 25 キログラムで、発射レートは毎分 650 ~ 750 発とし、その有効射程距離は約 2,000 メートルに達する。

なお、降車兵向けとしてロシア軍で運用されている「6P50」は、世界で唯一 バイポッド (6T19) の利用が可能な重機関銃とされる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop