NEWS

ロシア軍、車載機関銃を NSVT から 12.7mm Kord 重機関銃 (6P49) へのリプレイスを計画

海外軍事

Photo: 12.7mm machine gun NSV / Russian MoD
ロシア軍の軍用車両に搭載されている全ての 12.7mm NSVT 重機関銃が、ハイ・プレシジョン・ウェポンズ・ホールディング (High-Precision Weapons holding) 傘下の子会社となっているデグチャレフ・プラント (Degtyarev Plant) で開発された 12.7mm Kord 重機関銃 (6P49) にリプレイスされる計画にあると云う。

同ホールディングは、スチェッキン・リボルバー (Stechkin revolvers) やパーンツィリ-S1 (Pantsir-S1) 近距離対空防御システム、T-90 戦車乗員シミュレーターなど、多岐に渡る軍需装備品の開発を手掛けている。

1970 年代初頭に配備が進められ、老朽化した NSVT 機関銃は、ソ連邦の崩壊以降、部分的にカザフスタンへその生産ラインが移設されており、長らくロシア軍では新たな NSVT の受領がおこなわれていなかったとされる。

関連記事:
フルスクラッチビルドのエアソフト!ZPU-2 14.5mm 連装対空機関銃 / ミリブロ Report

Photo: НСВ-12,7 / Russian Internet
一方の Kord 機関銃は 1980 年代に設計され、1998 年にロシア軍で制式採用となった重機関銃。6P49 はその車載型バリエーションモデルであり、2000 年代初期にデグチャレフ・プラントによって開発されている。

12.7×108mm 弾を使う 6P49 の機関銃本体の重量は約 25 キログラムで、発射レートは毎分 650 ~ 750 発とし、その有効射程距離は約 2,000 メートルに達する。

なお、降車兵向けとしてロシア軍で運用されている「6P50」は、世界で唯一 バイポッド (6T19) の利用が可能な重機関銃とされる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop