もはや兵器レベル、35,000 ジュールを生み出す「レールガン (Railgun) 」で武装した自作ドローン

ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
「世界初」とするレールガンで武装した自作の陸上型ドローンが登場した。

関連記事:
世界初?一般男性がホームメイドでポータブル仕様の「レールガン (電磁投射砲) 」を製作

映像をアップした YouTuber の Ziggy Zee 氏は、以前にも強力な自作レールガンを紹介したことで知られる人物。以前の据え置きモデルでは、本体重量が 250 キログラムで最大射出エネルギーは 27,000 ジュールとしていた。
今回、装い新たに登場となったモデルでは、遠隔操作式の陸上型無人機 (UGV: Unmanned Ground Vehicle) となっており、6 輪車両となったことで自走を可能としている。砲塔の射出エネルギーも 35,000 ジュールと大幅にパワーアップしている。大型化したシステムによって車両重量は 450 キログラムオーバーとなっている。

映像では、約 9 キログラムの小麦粉や、15 リットルのミルクなどをターゲットに据え、その破壊力を紹介するコーナーが収録されている。

27,000 ジュールを生み出していた以前のモデルでは、軍用規格 20% の弾道ゼラチン (ballistics gelatin) を使った威力テストで、射出された飛翔体がその半分近くにまで勢い良く到達している様子が確認でき、DIY のレベルを超えて武器レベルとして通用するものとなっている。

同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売
ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
 『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売 (2018-07-26 12:07)
 ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
 香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
 TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
 DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
 米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop