NEWS

世界初の Glock ピストルを備えるイスラエル製の武装ドローン

海外軍事
イスラエルのハイテク企業、ゼネラル・ロボティックス社 (General Robotics Ltd.) が、小型武装偵察ロボット「DOGO」のプロモーション用映像を公開した。

DOGO は、重量が約 11 キログラムと軽量で、隊員の背負うバックパックに忍ばして持ち運ぶことが可能。移動速度は毎時約 6 キロメートル。

8 つのカメラを搭載し、360 度全周囲の状況を昼夜を問わず観測。Panasonic 製タフパッドをはめ込んだ専用コントローラー「RANGER Remote Control Unit」のスクリーンには、DOGO 本体が捉えた視点映像がライブで映し出される。

DOGO は、悪党の潜む建屋への突入時などでの利用を想定したもので、多少の障害物があろうが難無く走破。映像にもある通り、階段でさえも容易に登ってしまう。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Image: Capture screen
    そして、このクラスのロボットでは非武装の偵察モデルが一般的だったが、DOGO では本体腹部に設けられたスペースに 9mm の「Glock 26」ピストルを横置き収納することで「武装」が出来る点に特徴を持つ。Point & Shoot テクノロジーによって、素早く精確に悪党の排除がおこなえるとしている。

    また、Defense News によると、Dogo はイスラエル警察のカウンターテロ部隊と国防省の研究開発局による情報提供の下で設計が進められており、唐辛子スプレーをはじめ、ターゲットを死に至らしめる可能性を弱めた武装も可能とのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop