NEWS

世界初の Glock ピストルを備えるイスラエル製の武装ドローン

海外軍事 Comments(0)
イスラエルのハイテク企業、ゼネラル・ロボティックス社 (General Robotics Ltd.) が、小型武装偵察ロボット「DOGO」のプロモーション用映像を公開した。

DOGO は、重量が約 11 キログラムと軽量で、隊員の背負うバックパックに忍ばして持ち運ぶことが可能。移動速度は毎時約 6 キロメートル。

8 つのカメラを搭載し、360 度全周囲の状況を昼夜を問わず観測。Panasonic 製タフパッドをはめ込んだ専用コントローラー「RANGER Remote Control Unit」のスクリーンには、DOGO 本体が捉えた視点映像がライブで映し出される。

DOGO は、悪党の潜む建屋への突入時などでの利用を想定したもので、多少の障害物があろうが難無く走破。映像にもある通り、階段でさえも容易に登ってしまう。

Image: Capture screen
そして、このクラスのロボットでは非武装の偵察モデルが一般的だったが、DOGO では本体腹部に設けられたスペースに 9mm の「Glock 26」ピストルを横置き収納することで「武装」が出来る点に特徴を持つ。Point & Shoot テクノロジーによって、素早く精確に悪党の排除がおこなえるとしている。

また、Defense News によると、Dogo はイスラエル警察のカウンターテロ部隊と国防省の研究開発局による情報提供の下で設計が進められており、唐辛子スプレーをはじめ、ターゲットを死に至らしめる可能性を弱めた武装も可能とのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop