NEWS

壁や天井に張り付いて観測するクアッドコプター式ロボット

海外軍事
米スタンフォード大学のバイオメトリクス・マニピュレーション研究所 (BDML: Biometrics and Dexterous Manipulation Lab) が、壁や天井に張り付いて人知れず観測をおこなうロボットの新たな映像を紹介した。

同研究所では、今年 3 月に同じく壁に張り付くことが出来るロボットを開発し、その実動の様子を収めた映像を公開している。

関連記事:
米大学研究チーム、壁に止まり・よじ登る事の出来る飛行ロボットを開発
前作では、壁に張り付く際に軸足となるテールと長いアームを備えており、張り付いた後に移動も可能となっていたが、クアッドコプターを用いた今回の試作モデルでは、壁をよじ登ることは出来ないものの、壁へ着地する際の動きに改良が施されている。

また、前作では引っ掛けるだけだった超小型のトゲ (micro-spine) は、壁面の凹凸を掴むような形状になっている。これによって本体をホバリングさせて天井へ近付けた後に、張り付くこともできるようになっている。

従来の飛行のみでの観測では、広範囲の情報を取得できる一方で、飛行中に消費する電力が問題となっていた。飛行による機動力を活かしながらも、壁面・天井に張り付くことで電力消費を抑え、濃密な情報取得がおこなえることから、災害現場や熱帯雨林、戦場などの確立されたインフラが整っていない現場での観測に役立つことが期待されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop