サバイバルゲームの戦況を一変させるフランス製エアソフト手榴弾「アバター・グレネード」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
エアソフトを使ったサバイバルゲームやシナリオゲームでの利用を想定した新たなアイテムが登場する。

フランスのアバター・グレネード (Avatar Grenade) が開発した、このガスをパワーソースとするエアソフト手榴弾は、ゲームの流れを変える効果的で且つ信頼性を持った新モード「インパクト・メカニズム」の衝撃装置に特徴を持つ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    円筒状になった本体上部には、回転式の起動スイッチが配されており、反時計回りに設定することで起爆状態となる。(安全状態へは逆に「時計回り」で設定)

    映像では 60 発の BB 弾の装填が可能であることが示されており、地面に落下した際の衝撃で起爆し、周囲に BB 弾を撒き散らす様子がスローモーションで収められている。

    特許出願中の「スキンズ・システム (Skinz System) 」によって、芯部と外装部の取り換えが容易となっている他、全ての部品がスムーズな作動をおこなうよう、精度の高い加工がおこなわれているとのこと。本体は分解が簡単におこなえる設計となっており、誰もが容易にメンテナンスできる。

    アバター・グレネードでは、このエアソフト手榴弾の登場により、サバイバルゲームにおける戦闘が一変すると自信をみせている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop