NEWS

2016 国際特殊作戦部隊週間 (ISOF Week) 追加映像

海外軍事

米特殊作戦司令部 (USSOCOM) 主催による 2016 国際特殊作戦部隊週間「ISOF (International Special Operations Forces) Week」の追加映像が掲載された。

昨日紹介した映像が陸軍のインターネットメディア DVIDS 経由でアップされたものであるのに対して、今回はいずれも USSOCOM の公式 YouTube チャンネルにアップされたもの。前回が俯瞰的な視点映像であったが、今回はリハーサルをおこなっていたオペレーター目線の映像が多く、より迫力のある映像となっている。

関連記事:
USSOCOM、国際特殊作戦部隊週間 (ISOF Week) 2016 のリハーサル映像を公開
映像の中で登場するライトブルーの襟シャツに黒のキャップを被った人物は、ISOF ウィークの舞台を提供しているフロリダ州タンパの行政トップ、ボブ・バックホーン (Bob Buckhorn) 氏。

5 月 23 日から 26 日を会期とする ISOF ウィークには、80 ヶ国以上から関係者が集まり、信頼関係の構築や知識・アイデアの情報交換がおこなわれる。



同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop