NEWS

ロシア版の軍用ヒト型ロボット「イワン (Ivan the Terminator) 」

海外軍事
ロシアで開発中の軍用ヒューマノイド・ロボットの映像が公開された。
(該当映像は 25 秒付近から)

初報したロシア日刊紙、コムソモリスカヤ・プラウダ (Komosomolskaya Pravda) によると、「イワン (Ivan the Terminator) 」と名付けられたこのロボットは、「戦場や爆発、火災の他、高い放射能度に包まれた危険エリアなど、ヒトが立ち入ることの難しい場所へヒトに代わって送り込む目的」としている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    イワンは、ロシア版 DARPA「財団法人高等研究所 (Фонд перспективных исследований, Foundation for Advanced Studies) 」によりデザイン設計されたもので、現在のところはセンサースーツを着用したオペレーターによって遠隔操作されているが、将来的には、路面上の障害物を自律的に回避しながらの車輌運転や、銃火器による武装、射撃など、ヒトの動きを忠実に再現することが見込まれている。

    ロシアではこうした軍用ロボットの開発が、数ある軍需産業の中でも優先度の高い取り組みとして考えられ、日夜開発が進められている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop