NEWS

ロシア版の軍用ヒト型ロボット「イワン (Ivan the Terminator) 」

海外軍事 Comments(0)
ロシアで開発中の軍用ヒューマノイド・ロボットの映像が公開された。
(該当映像は 25 秒付近から)

初報したロシア日刊紙、コムソモリスカヤ・プラウダ (Komosomolskaya Pravda) によると、「イワン (Ivan the Terminator) 」と名付けられたこのロボットは、「戦場や爆発、火災の他、高い放射能度に包まれた危険エリアなど、ヒトが立ち入ることの難しい場所へヒトに代わって送り込む目的」としている。
イワンは、ロシア版 DARPA「財団法人高等研究所 (Фонд перспективных исследований, Foundation for Advanced Studies) 」によりデザイン設計されたもので、現在のところはセンサースーツを着用したオペレーターによって遠隔操作されているが、将来的には、路面上の障害物を自律的に回避しながらの車輌運転や、銃火器による武装、射撃など、ヒトの動きを忠実に再現することが見込まれている。

ロシアではこうした軍用ロボットの開発が、数ある軍需産業の中でも優先度の高い取り組みとして考えられ、日夜開発が進められている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop