NEWS

米海兵隊 第15海兵遠征部隊・MRFによるMEU-EXの射撃訓練映像

海外軍事
米カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトンでおこなわれた、海兵隊 第15海兵遠征部隊(MEU: Marine Expeditionary Unit)による射撃訓練の映像が公開された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo by Lance Cpl. Frank Cordoba
    訓練は、MEU-EX演習の一部としておこなわれており、ディプロイメントを控える海洋急襲部隊(MRF: Maritime Raid Force)や支援部隊が参加。

    射撃レンジでMRFは、マンターゲットに向けてダッシュで近付き、弾倉交換を伴いながらも精度を高めた射撃訓練をおこなっている。また、市街地を模したモック施設では、ドアブリーチング後に建屋内を急襲することを想定した訓練などもおこなわれている。

    MRF(マリタイム・レイドフォース)とは
    MRFは、MEUの一部であり、MEUが展開する上での最小タスクフォース(特定の任務を達成するために一時的に設置されるユニット)として機能している。一般的に①武装偵察(フォース・リーコン)チーム、②水陸両用偵察チーム、③大隊上陸セキュリティーチームと、3つの要素から構成されており、時間的制約のあるターゲットに対して襲撃を仕掛けることに特化している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop