NEWS

「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催

海外軍事

Photo via DVIDS
17日、米ワシントン州ルイス・マコード統合基地で第9回目となる年次「キッズQコース」が開催された。

「Qコース」の名で知られる陸軍特殊部隊の資格コース(SFQC: Special Forces Qualification Course)は、米軍の中でも最も厳しい訓練の1つとして知られ、コース全体を合格するには最大で2年掛かることもある。晴れて修了した者には「グリーンベレー(Green Beret)」のタイトルが授けられる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo by Sgt. Brandon Welsh


    Photo by Sgt. Brandon Welsh
    あらゆる年齢から成る第1特殊部隊グループ(空挺)の子供ら200名以上が参加。両親の声援を受ける中、高所に張られたワイヤーロープを滑車と共に移動する「ジップライン」や「障害物競走」「泥んこレース」「バリケードジャンプ」など、7つのイベントに取り組み汗を流している。

    陸軍特殊部隊「グリーンベレー」とその家族やコミュニティーへの継続的支援を担う「特別部隊慈善信託(SFCT: Special Forces Charitable Trust)」もこの開催に協賛しており、Tシャツや食料など6,000ドル(=約65万円)相当の資金を寄付している。

    参加した親の中からは「子供たちに父親との絆を結ぶ機会を与え、特殊部隊の任務に就く父の日常の一部が経験できる素晴らしいイベントだ」との感想が寄せられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop