NEWS

米海兵隊 第31海兵遠征部隊・MRFによる市街地戦闘演習「RUTEX 17.1」訓練映像

海外軍事


米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31st MEU, Marine Expeditionary Unit)が、グアムでおこなわれた海洋急襲部隊(MRF: Maritime Raid Force)による市街地訓練の様子を収めた映像を公開した。

戦闘訓練シーンだけに集約されていることと、6分超とボリュームがあることからも、ミリブロ読者にとって見応えある映像となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    ※地図は精確な場所を示したものではありません。
    2月2日、グアム西海岸アサン村の故リカルド・ボーダロ(Ricardo J. Bordallo)準州知事施設において、実戦を想定した市街地戦闘演習「RUTEX(Realistic Urban Training Exercise)2017」がおこなわれた。

    RUTEXは、実在する市街地環境を利用し、高度な現実感を提供する「近接戦闘(CQB: Close-Quarter Battle)」に特化した訓練演習。

    訓練に参加したMRFは、海兵遠征部隊(MEU: Marine Expeditionary Unit)の一部であり、MEUが展開する上での最小タスクフォースとして機能している。

    MRFは、①武装偵察(フォース・リーコン)チーム、②水陸両用偵察チーム、③大隊上陸セキュリティーチームと、3つの要素から構成されており、時間的制約のあるターゲットに対して襲撃を仕掛けることに特化している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    対ドローンの防空能力を向上させるヘルファイアを搭載した初のストライカー装甲車輌が登場
    米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)
     対ドローンの防空能力を向上させるヘルファイアを搭載した初のストライカー装甲車輌が登場 (2017-08-10 17:09)
     米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開 (2017-08-10 16:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop