NEWS

米海兵隊 第31海兵遠征部隊・MRFによる市街地戦闘演習「RUTEX 17.1」訓練映像

海外軍事


米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31st MEU, Marine Expeditionary Unit)が、グアムでおこなわれた海洋急襲部隊(MRF: Maritime Raid Force)による市街地訓練の様子を収めた映像を公開した。

戦闘訓練シーンだけに集約されていることと、6分超とボリュームがあることからも、ミリブロ読者にとって見応えある映像となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    ※地図は精確な場所を示したものではありません。
    2月2日、グアム西海岸アサン村の故リカルド・ボーダロ(Ricardo J. Bordallo)準州知事施設において、実戦を想定した市街地戦闘演習「RUTEX(Realistic Urban Training Exercise)2017」がおこなわれた。

    RUTEXは、実在する市街地環境を利用し、高度な現実感を提供する「近接戦闘(CQB: Close-Quarter Battle)」に特化した訓練演習。

    訓練に参加したMRFは、海兵遠征部隊(MEU: Marine Expeditionary Unit)の一部であり、MEUが展開する上での最小タスクフォースとして機能している。

    MRFは、①武装偵察(フォース・リーコン)チーム、②水陸両用偵察チーム、③大隊上陸セキュリティーチームと、3つの要素から構成されており、時間的制約のあるターゲットに対して襲撃を仕掛けることに特化している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop