【イベントレポート】新製品が盛りだくさん! 「東京マルイフェスティバル3rd」の詳細レポート!

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連イベント開催情報レポート
すでに速報でお伝えしていますが、秋葉原のベルサールで開催される「東京マルイフェスティバル3rd」のプレス・業者向けの前夜祭にて多数の新製品が展示されました。各モデルの詳細が気になって仕方ない!という人もいるでしょうから、ここで改めてちょっと詳しく紹介していきます。

なお、この記事には私イヌイの個人的な感想や願望が含まれておりますのでご注意下さい。

関連記事:
速報:第 3 回 東京マルイフェスティバル新製品情報
まず会場に入るとミリタリー仕様のハンビーがお出迎え!
なかなか見られる車両じゃないので、この機会に細部までチェックしておきましょう。

さて。

最も注目度が高いであろう次世代電動ガンの「HK416 デルタカスタム」。
米軍のデルタフォースでの使用が確認されたといわれるバージョンを再現したものです。
タンカラー、ガイズリータイプの10.5インチハンドガード+ショートバレル、スリングホールと着剣ラグのないガスブロックなどが特徴。
光学機器やサプレッサーなどでCQBから中遠距離仕様までさらなるカスタマイズができますね。
注目はやはりハンドガードでしょう。
ガイズリーならではの握りやすい本体はアルミ切削。加えて、スチール製のインサートナットやODホールが組み込まれているのがすごい!

ノーマルの4面レイルハンドガードに比べてちょっとだけ軽くなっているそうです。

マズルはシュアファイアタイプ。
シンプルですがいかにもミリタリー!という印象。社外品のワンタッチサイレンサーとか装着できたらいいなぁ。
レシーバーは416Dなどと同じもののタンカラーバージョン。
セフティレバーはちゃんとアンビ仕様になっています。
クレーンタイプのストックは従来とは異なるタンカラーの専用品です。
個人的に注目したいのがナイツタイプのフリップアップサイト。
ピンを留めるスナップリング(Eリング)まで再現!
刻印がないのは仕方ないですが、このスナップリングだけ見ても非常にヤル気を感じられます。
その他、詳細はこちらを見て下さい。
発売予定は2017年の2〜3月くらいとのことです。

お次は完全新規の電動ショットガン「SGR-12」。
AA-12と同じメカボックスを採用する東京マルイオリジナルデザインになります。
オリジナルデザインとはいえ、架空銃的なウソっぽさは感じられません。
しかしAA-12が発表された時、あの新規のメカボックスは他の銃に流用できないんじゃないか?といわれましたが、そこを逆手に取ってメカボックスが収まるようなオリジナルモデルを作ってしまうとは!

マガジンあたりからストックのほぼ後端まで、細長いメカボックスが入っています。
3発同時発射なのでインナーバレルは3本あり。
アウターバレルが短めなのでちょっと目立ってしまうかも。
ハンドガードはアルミ切削で、アタッチメントの規格はM-LOKを採用。
トップレイルの中央部がなかったり先端の斜めカットなど、ARを中心とした近年のカスタムのトレンドを程よく取り入れている気がします。
マガジンもオリジナルのハーフスケルトンタイプで装弾数は90発(予定)。
マガジンキャッチはアンビタイプで操作しやすそうです。
HOP調整はAA-12と同じく3バレル独立タイプ。
チャージングハンドルは左右の入れ替えが可能とのこと。
バッテリーはバットプレートを外して挿入。
バットプレートに沿ってミニバッテリーがタテに入るそうです。
なお、マガジンはAA-12のノーマルマガジン、3000連ドラムマガジンと互換性があります。
AA-12より軽くてコンパクト、同一発射方式でマガジンは共通・・・これはAA-12の上位互換といえるのでは・・・?

こちらも詳細は以下の通り。
発売はちょっと先で、2017年5月のホビーショーにて詳細を公開できるかも?とのこと。
うーん、来年の夏くらいかな?

さてさて。
ハンドガン関係もまとめて紹介します。
まずはすでに発表されているフルサイズの「USP」。
2〜3世代前のハンドガンですが今でも人気がありますね。
そろそろモックアップじゃない参考品を見たいなぁ・・・。

ついに登場の「GLOCK19」。
G26以外はフルサイズばかりでしたがやっとコンパクトモデルが登場します。
フレームはGen.3なのがちょっと残念な気もしますが、これは素直に喜びたい!

そして「M45A1」。
米海兵隊のMARSOCに採用されたといわれるレイルドの1911。
当然タンカラーになるはずですが、もしかしたらブラックも発売されるかも?

そして「V10 Ultra Compact」。
スプリングフィールド・アーモリーの3インチバレルのコンパクト1911で、今となっては懐かしさを覚えてしまいます。とはいえこのサイズ感が好きな人は多いはず。

他にもカラーバリエーションとして「P226E2」と「DETONICS.45」のシルバーモデル。
こちらは新規のグリップが握りやすそう!
モデルガン世代には絶大な人気のデトニクス。やっぱりかっこいいいですね
上記のV10や現在のディフェンダーにつながるコンパクト1911の元祖ともいえるモデルです。

ハンドガン関連のオプションとしてロングマガジンも新登場。
こちらはHK45用の40連ロングマガジン。
そしてP226用のロングマガジンも!
しかもブラックとシルバーの2タイプという気合の入れよう。
P226ユーザーにとってはありがたいマガジンです。

もう1つ。
スコープ用の「マウントリングH」。
ハイタイプのマウントリングで、MP5やG3に同社のプロスコープズームが装着できるようになります。

最後に年内発売を目指している期待のボルトアクション「M40A5」ですが、パッケージが公開されています。
価格も42,800円と発表されました。
あとはぜひオプションで専用サプレッサーも・・・。

以上、駆け足ではありましたが各モデルの気になった点をまとめてみました。やはり電動ガンの新製品は気になってしまいますね。皆さん期待して待ちましょう。

個人的には次世代電動ガンで7.62mmAR(SR25でもM110でもM&P10でもNOVESKEのN6でも)がそろそろ欲しいのですが・・・。
この東京マルイフェスティバル3rdは本日26日(土)と27日(日)の2日間、東京秋葉原のベルサール秋葉原で開催されています。

入場無料で新製品や既存製品を見たり触ったり撃ったりできるので、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。なお、18歳未満の入場はできませんのでご注意下さい。
第 3 回 東京マルイフェスティバル
・場所:ベルーサル秋葉原
〒101-0021 東京都千代田区外神田3−12−8 住友不動産秋葉原ビル
・期間:2016 年 11 月 26 日 (土) 10:00 ~ 18:00、27 日 (日) 10:00 ~ 16:30
・対象:18 歳以上限定 (18 歳未満者の入場不可)

公式ページ:
http://www.tokyo-marui.co.jp/event/festival/201611/
Photo & Text: 乾宗一郎

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop