NEWS

米陸軍の新型『ジャングル戦闘ブーツ』は4つの専門分野から成る作業グループで評価中

海外軍事 Comments(0)

Photo from PEO Soldier
This photo is for illustrative purposes only.
世界最大規模の標準化団体「米国試験材料協会(ASTM International: American Society for Testing and Materials)」が、陸軍の新型ブーツ開発を特集した。

陸軍はベトナム戦争時代から続くジャングルブーツの陳腐化に伴い、計画策定局(PEO: Program Executive Office)を中心として、新たなジャングル戦闘ブーツの開発に乗り出している。このことについては過去何度かに渡って既報の通りなので、興味のある方は下記リンク先よりご覧頂きたい。

関連記事:
米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
ASTMによると、現在ブーツは、①生体力学および負傷軽減、②布地と革、③通気性と乾燥、④一般的なデザイン要求概念と計4つの専門分野に分かれた作業グループによって評価が進められているとのこと。
これら4つの作業グループは、7月までにジャングル戦闘ブーツに関する規格のとりまとめをし、その後9月30日までには、各専門分野での研究開発計画の作成・実行をおこないたいとしている。

またASTMによると、一連の過程が円滑に進んだ際、「工業規格の標準化を担う連邦機関である国立標準技術研究所(NIST: National Institute of Standards and Technology)が、他の陸軍用の装備に再現を希望している」「ジャングル戦闘ブーツの作業が終われば、次の規格化は軽量で難燃性を持つ頭部・頸部の防護装備に着手する」としている。

Source: Building a Better Boot

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop