シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
普通のピックアップトラックに鉄板を溶接して作り上げた自作装甲車や、ゲームコントローラーで操作する遠隔操作式機関銃など、戦場では時にユニークな改造を施された兵器を見かけることがある。今度は無理やりブルパップ化したPKM機関銃が目撃された。

参考:PSコントローラーで射撃、シリア反体制派の錆びた自作装甲車輌 - ミリブロNews
シリアの武装勢力がプレステのコントローラーを使った遠隔操作式の機関銃ロボットを投入 - ミリブロNews

写真に写っているのはチェチェンからトルコに脱出したイスラム原理主義者達の「Anjad al-Kavkaz(コーカサスの戦士たち)」のメンバーであるという。彼らはチェチェンの独立とイスラム国家の樹立を目的として、世界各地で闘争に参加している。シリア北部でも専門的な訓練を受けているといわれている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    問題のPKMはこちら。ハンドガードが追加されフォアグリップが装着されている。レシーバー上にはElcan社の製品のような光学機器が乗っている。

    写真に写っているPKMはおそらくこちらの発展型のPKPペチェネグをさらにブルパップ化したものと思われる。

    Photo from Wikipedia

    ブルパップ型はプロトタイプで何タイプか存在しているようだ。自前の改造でブルパップしたとは考えにくく、どこからこうした火器を入手しているのか気になるところだ。

    Photo from The Firearm Blog

    同グループの構成員達。潤沢な補給をうけていることが伺える装備。右側の兵士はNoveske社のロゴのようなものが刻印されたARクローンを持っている。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop