NEWS

リアルヒーロー登場、防弾仕様の BMW でダーイッシュ (IS) スナイパーの脅威から 70 名を救ったペシュメルガ戦士

海外軍事

Photo: Courtesy of Ako Abdulrahman
ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) の猛攻を受けたイラク北部にある石油工業の中心地で、自費を叩いて購入した防弾装備の旧型 BMW を使って、多くの人命を救助したクルド人治安部隊ペシュメルガ (Peshmerga) 戦士の英雄的な活躍が世界の称賛を集めている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    10 月 21 日、イラク軍による北部モースルへの進撃が本格化する中、モースルから南東に 150 キロメートルほど離れたキルクークが、ダーイッシュの襲撃を受けていた。この襲撃によって、この地の防衛を任されていたイラク治安部隊の他、民間人など 64 名が死亡、100 名以上が負傷している。

    キルクークから南に 23 キロメートルほど離れたタザ・カーマトゥに在住するクルド人ペシュメルガのアコ・アブドゥルラウマン (Ako Abdulrahman) 氏 (32 歳) は、友人からの電話でこの惨事を知る。

    一報を受けるや否や、妻と 4 人の子供を置いてすぐさま現地に駆け付けることを決心したアブドゥルラウマン氏。現地への足として、4 ヶ月前にオークションで 9,000 ドル (=約 98 万円) (情報ソースによって購入価格が若干異なっている・・・) で落札した 90 年代初期の BMW を使った。この BMW には、防弾プレートが備えられ、ライフルでの被弾をものともしない特別な仕様となっていた。

    アブドゥルラウマン氏は、この時の記憶をクルドの独立系ニュースサイトであるバスニュース (BasNews) のインタビューに対して「ダーイッシュ戦闘員がキルクークを襲撃した際に、友人から電話が鳴り、奴らとの戦いを決心しすぐに向かった」「すると現地では、治安部隊のメンバーや民間人も含めて沢山の人々が負傷しているのにも関わらず、ダーイッシュのスナイパーによる狙撃や、数々仕掛けられたトラップの恐怖から誰も近付くことができない惨状を目の当たりにしたんだ」「負傷した人々をまず助け出すには、スナイパーの弾丸をものともしない防弾装備の車輌が必要だと考えたんだ」と語っている。


    Photo: Courtesy of Ako Abdulrahman
    防弾仕様の BMW に乗って、危険地帯を何度も行き来する中、50 発以上被弾するも、70 名もの人々を救出することに成功している。

    その後、アブドゥルラウマン氏の英雄的な活躍を聞き付けた、キルクークのナジマルディン・カリム (Najmaldin Karim) 知事が、執務室にアブドゥルラウマン氏を招待。カリム知事は感謝の気持ちとして現金の提供を申し出ている。


    Photo: Courtesy of Ako Abdulrahman
    50 万イラクディナール (=約 530 万円) の入った封筒が手渡されたが、そのまま知事の執務室を後にし、「知事に功績を称えられたのは大変嬉しく思います。しかし、やるべきことをやったまでであるのにも関わらず、お金を与えるということについては侮辱していると感じます」とアブドゥルラウマン氏は語っている。

    また、アブドゥルラウマン氏は、ドイツ BMW 社から相棒だった車輌をその本社に展示する替わりに、真新しい車輌を提供するという申し出があったことを明かしている。

    しかし「私はヒーローなんかではありません。犯罪者、殺人者たちから母国を守りたいという思いを抱いた、普通の 1 イラク国民です」と語り、申し出を拒否。弾痕生々しいその車輌を修理に出し、再び使い続ける道を選択している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop