NEWS

イスラエルACS社製「トリガー・ポーチ」は、従来品よりも6倍素早くグレネードを投擲でき、信頼性・耐久性も高い

海外軍事

イスラエルのACS(Advanced Combat Solutions)インダストリーズ社が、「世界で最も素早く投擲でき、しかも安全な装置だ」と自負しているグレネード専用ポーチ、「トリガー・ポーチ(Trigger Pouch)」のPVを更新した。新たなPVは製品の持つ利点を分かり易く解説している。

従来からあるナイロン製に代表されるグレネードポーチが、取り出しする際にアプローチから投擲態勢に移るまでで9.44秒要しているのに対して、トリガー・ポーチではその6倍ほど速い僅か1.29秒でおこなえることが示されている。

関連記事:
手榴弾の素早い投擲を可能にするイスラエル ACS 社の「トリガーポーチ」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    A screen shot from Acs Grenade official YouTube channel
    しかも、例えば利き手で火器を構えながら、もう一方の片手でグレネードにアクセスし、ワンタッチ操作によって取り出すという離れ技でさえも容易におこなえる。ポーチの位置さえ把握していれば、脅威の存在する方向から視線を外すことなく操作することも可能だ。


    A screen shot from Acs Grenade official YouTube channel
    また、ジャングルを戦場とするような場合に想定される、泥水に浸かった状態や、敵地への上陸作戦などで砂浜の細かな砂にまみれた場合であっても、不用意にグレネードを脱落させることなく、確実な作動をおこなえることが示されている。

    トリガー・ポーチ自体に大袈裟な仕掛けがあるわけではないため、重量も僅かに125グラムと軽量。摂氏マイナス30度から70度までと、過酷な環境下でも耐え得る設計となっている。


    A screen shot from Acs Grenade official YouTube channel
    現在までに市場に出回っている様々なグレネードの形状にも対応するよう、各種ラインナップが取り揃えられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に
    米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討
    ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に (2018-01-16 14:52)
     米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討 (2018-01-16 13:10)
     ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる (2018-01-16 11:26)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開 (2018-01-12 19:49)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop