NEWS

ビン・ラディン急襲作戦で ST6 と共に戦った軍用犬「カイロ (Cairo) 」の募金活動が開始

海外軍事 Comments(0)

Photo: Zero Dark Thirty / Jonathan Olley (c) 2012 CTMG. All rights reserved
Image is for illustration purposes only.
米国動物愛護協会 (AHA: American Humane Association) は 22 日、退役軍用犬「カイロ (Cairo) 」のケアに当たって必要となる、高額な獣医費を賄うことを目的とした全国的な募金活動をローンチさせた。
2011 年 5 月、カイロは、米軍特殊作戦史上にその名を刻むことになるオサマ・ビン・ラディン (Osama bin Laden) 容疑者の急襲を掲げた「ネプチューン・スピア作戦 (Operation Neptune Spear) 」において、海軍最精鋭の SEAL Team 6 (ST6, a.k.a. DevGru) と共に参加したベルジアン・マリノア (Belgian Malinois)。


Photo: reference photo
Image is for illustration purposes only.
ベルジアン・マリノアは、ベルギーを原産とする牧畜犬であり、賢く従順、まじめな犬種であることから、警察・軍用犬などで広く活躍している。専門家によれば、「特殊部隊に組み込まれる軍用犬は、全体の 1% に過ぎない」とのこと。

長年の軍務を通じて、痛みを伴う怪我に苦しんできたカイロについて、ハンドラーを務めた人物は、「カイロの健康状態は急速に悪化している」「私は彼に適切なケアと彼に相応しい快適さを確実に提供してやりたい」と語っている。

また協会の CEO であるロビン・ガンザート (Robin Ganzert) 博士は、「我が国が誇る最強の兵士らと共に最前線に赴き、彼らを助け、そして自由の為に戦ったカイロに対して、苦痛の無い中で職務から解放されるように持っていくことが、私たちがカイロに対してやれるせめてものおこないです」とも語っている。

募金キャンペーンでは 30 万ドル (=約 3,200 万円) を求めており、カイロの看病に必要な費用を超過した分については、他の軍用犬のケアに充てられるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop