NEWS

AMゼネラルが能力向上を図った次世代ハンビー(HMMWV)『NXT 360』を発表

海外軍事 Comments(0)

Photo from AM General
フランス・パリで開催中の国際軍事見本市「ユーロサトリ―2018」において、米自動車メーカーのAMゼネラル社が、米軍をはじめ世界各国で長年に渡り運用されてきたワークホース「ハンビー(HMMWV: High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle)」をベースとする新型の軽戦術車輌『NXT 360』を発表した。

関連記事:
米軍ハンヴィーの民間向け「Cシリーズ」が中国市場でお披露目

NXT 360は、M1151のプラットフォームを利用して生存性、オフロードでの機動力、積載能力の向上策が講じられた次世代改良版。フロント部分に取り付けられた大型のブルバーとボンネット、ホイール&タイヤが外観上で目を引き、電子制御式の「P400エンジン」を搭載。6.5L V8ターボチャージャーで250馬力を生み出しており、これまでの公称値である190馬力から60馬力のアップとなっている。
この他、「爆破対策に専用のシートとマットを装備」「AK小銃の被弾にも耐えられるB7レベルの防弾ガラスに引き上げ」「燃費が15%向上」「加速性能は20%アップ」「最高速度がプラス毎時40キロメートル」「最低地上高が175ミリメートルアップ」している等が伝えられている。

AMゼネラルによると、「ハンビーの需要は引き続き中東・南米諸国を中心に強い引き合いがある」としている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop