NEWS

AMゼネラルが「対外有償軍事援助」向けで総額2,430億円、最大11,560輌のハンヴィー製造契約を獲得

海外軍事

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Jamal D. Sutter/Released
This photo is for illustration purposes only.
AMゼネラルは29日付プレスリリースの中で、米陸軍契約司令部から推計総額22億ドル(=約2,430億円)に及ぶ新たなハンヴィー(HMMWVs: High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicles)の契約(W56HZV-17-D-0071)を獲得したと明かした。

契約は対外有償軍事援助(FMS: Foreign Military Sales)向けとなっており、最大11,560輌が対象。今後5年間に渡って海外諸国からのシームレスな受注に対応する。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    プレスリリースの中で同社CEOのアンディ・ホヴ(Andy Hove)氏は「今回締結した契約によって、改めて当社のハンヴィーがモダンで実績があり、展開性や多様性を備えながらも頑丈で軽量な戦術用車輌であることに再び注目されている」と述べている。

    ハンヴィーは、1984年の米軍配備以来、カーゴモデルから対戦車モデルまで多種多様な用途に対応するワークホースとして活躍。米軍以外の同盟諸国でも数多く運用されてきたが、簡易爆発物(IED: Improvised Explosive Device)などの路傍爆弾に対する脆弱性の露呈を機に、米軍では今後オシュコシュ(Oshkosh)社の統合軽戦術車輌(JLTV: Joint Light Tactical Vehicle)へとリプレイスされていく。

    関連記事:
    米陸軍のハンヴィー後継車両「JLTV」に、オシュコシュ社の「L-ATV」が選定。最終総額 3.6 兆円の超大型調達案件
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に
    米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討
    ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に (2018-01-16 14:52)
     米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討 (2018-01-16 13:10)
     ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる (2018-01-16 11:26)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開 (2018-01-12 19:49)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop