【海外エアガン】APSの新作電動ガン「Phantom Extremis Rifle」が間もなく発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Poster: APS Conception Extremis Mark II (L), Mark I (R)
実銃のコピーではなく独自デザインの電動ガンを数多くラインナップするAPSからAR系電動ガンの新製品が発売されます。「Phantom Extremis Rifle」のMK1とMK2です。

まずMK1は10インチハンドガードを装備。


Photo: via APS Conception official FaceBook
バレルは10.5あるいは10.3インチくらいでしょうか。
俗にいうCQB-Rサイズですね。
そしてMK2のハンドガードは12インチ。

Photo: via APS Conception official FaceBook
バレルはおそらく14.5インチという一般的なカービンサイズ。
両者とも最近のマッチガンでよく見かけるビレットタイプのレシーバーが特徴的です。

マズルもオリジナルながら「いかにもありそう!」なタイプ。

Photo: via APS Conception official FaceBook
ブラストホール+3プラグですね。

SF感のあるレシーバー。
セフティレバーとマグキャッチボタンはアンビタイプです。

Photo: via APS Conception official FaceBook
遊び心のある刻印やフラットトリガーにも注目。

ストックはオリジナルデザインの「RS-1」。

Photo: via APS Conception official FaceBook
バッテリースペースを考慮しつつもシンプルでスマートな形状になっています。

その他の特徴としては
「軽量でスリムなKeyModハンドガード」「ロープロファイルな新型フリップアップサイト」「握りやすい新型ピストルグリップ」「フルアンビコントロール」などなど。

Photo: via APS Conception official FaceBook
この手のデザインのARはマッチガンに見えますが、最近ではマッチガンとタクティカルライフルとの境界が曖昧になってきているという面もあり、そう考えればサバゲで使ってもおかしいということはありません。

実際にシンプルで軽いARなので、用途を選ばず扱いやすいはず。APSの製品なので手を入れる必要もほとんどないでしょう。
間もなく発売とのことなので、ちょっと個性的なARが欲しい人はぜひいかがでしょうか。

APSのfacebookページ:https://www.facebook.com/APS-167499329987931/

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop