見た目は普通のシュマグ。直撃被弾で口元の怪我を防止するアバンテのアイデア商品「Zip The Lip Mask」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from AVANTE
機能性とデザイン性を追求している、新鋭ミリタリーギアブランドのアバンテ(Avante)から、ゲーム中に気になる口元への被弾と、ミリコス要素の成立を併せ持った、シュマグをベースに開発されたハーフフェイスガード「Zip The Lip Mask」が新登場。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from AVANTE


    Photo from AVANTE
    取り付けは耳元のループを引っ掛けるだけの簡単設計で、従来の金属製メッシュを使用したハーフマスクと違い、厚手の布地メッシュを口元に配すことで、ライフルストックへの頬付けを容易としながらも、口元・前歯への直撃被弾による怪我の防止を実現している。

    また、口元にある大型のファスナーを開放することで、呼気が籠らず呼吸がし易くなり、アイウェアの防曇効果に繋がるだけでなく、ヘッドセットから伸びているブームマイクを介して会話する際にも、小さな声で明瞭に伝えられるといった効果も期待できる。

    最前面にある布地には樹脂製ワイヤーが仕込まれており、プレイヤーのフェイスラインや好みに応じてフィッティング調節ができ、口元のファスナーを完全に隠してしまうことも可能だ。

    サバイバルゲーマー必携とも言えるこのアイデア商品は、メーカー希望小売価格5,184円(税込)で絶賛発売中。

    AVANTE Zip The Lip Mask
    http://www.avante-militarygear.com/so-001-1

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop