米空気銃輸入業・Air Venturiが「スプリングフィールド・アーモリー社」製品のエアソフト版独占取扱権を獲得

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米オハイオ州の空気銃・エアソフト企業である「エア・ベンチューリ(Air Venturi)社」が、「スプリングフィールド・アーモリー社(Springfield Armory Inc.)」製品のエアソフト・レプリカに関する全世界における独占取扱権の正式獲得を発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    エア・ベンチューリ社のヴァル・ガメルマン(Val Gamerman)社長は、「スプリングフィールド・アーモリー社との提携により、同社の(前身の造兵廠時代を含めた)240年に裏打ちされる、歴史的にも重要な銃器のデザインを忠実に再現し、それらをレプリカ愛好家やエアソフターの皆さんへ手渡すことができるようになることを嬉しく思います」とした主旨のコメントを寄せている。


    Photo from Springfield Armory


    Photo from Springfield Armory


    Photo from Springfield Armory
    契約に基づいた取り組みは、2018年度より始動させるとのことで、XD、XD(M)、1911といったピストルの他、SAINT EDGE AR-15、M1Aといったライフルまでもがその製品群として控えている。

    小売業者に対する詳細発表は、近く開催予定の米国SHOTショーでおこなわれるものとみられる。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop