ドレスコードは架空設定装備! フォトセッション主体のミリタリーイベント 「Fiction Warrior 2nd」が開催

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連イベント開催情報レポート
専門誌『PEACE COMBAT』とミリタリーテイラー「x115xTAYLOR」によって共催されるゲームイベントが「FICTION WARRIOR」。ゲームと同じかそれ以上の比率でフォトセッションが組まれるという異色のサバゲーイベントだ。
その第2回が「Fiction Warrior 2nd presented by LayLax」としてパワーアップ。2018年3月25日に千葉県酒々井町のOPERATION FREEDOMにおいて開催された。
ちなみにドレスコードは「架空の軍や部隊、PMC、工作員などゲームや映画、実在の軍隊・兵士を再現しないスタイリング」というもの。参加者各位のオリジナリティが発揮されるイベントとなっている。


ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    当日のMCはx115xTAYLORの代表・黒木氏。
    ゲームそのものは午前と午後に1ゲームずつ開催。リアルカウント+復活無制限、加えて休憩も撮影も自由という甘々ながらハードなゲームが繰り広げられた。

    この日の参加者は約120人。
    天候にも恵まれたこの「架空装備イベント」の様子をピックアップした写真で紹介していこう。
















    参加者の自由な発想によるオリジナルスタイリングは見応えがあり、キャッチーなコーディネートも多数を確認。今や「リアリティのある架空装備」は1つのジャンルとして完全に定着したようだ。

    当日のその他の様子は下記ミリブロ公式FaceBookアカウントにて公開しているので、ぜひご覧いただきたい。




    Text & Photo: 乾宗一郎

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop