NEWS

戦地に展開している米軍特殊部隊員の全員が「凍結乾燥血漿(FDP: Freeze-Dried Plasma)」を携行

海外軍事

Photo By: Sgt. Salvador R. Moreno
世界各地の紛争地に戦術指南やテロリスト襲撃の為に展開している米軍特殊部隊員。AP通信によると、こうした戦地に展開している米軍特殊部隊員の「全員」が、今や「凍結乾燥血漿(FDP: Freeze-Dried Plasma)」を携行しているという。

米軍特殊部隊による凍結乾燥血漿の利用については、既報の通り、海兵隊特殊部隊司令部(MARSOC)が、作戦展開中に重傷を負った同盟国の軍人に対して初めて投入されたことが大きな話題となっている。この一報の際に、MARSOC隷下における凍結乾燥血漿の支給状況が明らかとなっている。

関連記事:
MARSOC隊員が「フリーズドライ血漿」を実戦で初利用し、同盟国の軍人の命を救う。10月までに全部隊が携行

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: Ms. Erin Bolling, USAMMDA Public Affairs
    今回のAP通信の記事では、「利用の数こそ十分ではないものの」と前置きする特殊作戦司令部(SOCOM)のコメントが掲載されており、「グリーンベレーをはじめとする特殊作戦チームが、少なくとも過去5年間の中で24回に渡って凍結乾燥血漿を利用していた」ことにも言及している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop