蛍光物質を使用し発火しないトレーサー(曳光弾)「Streak」の動画

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
発射すると光で弾道を目視できるようになる「トレーサー(曳光弾)」は、発火することで光るので山火事の危険があり、一般向けには販売が規制されていることが多い。もちろんインドアの射撃場での使用もできない。

アメリカの弾薬メーカーAmmo. Incが開発した「Streak」はこうした欠点を克服した曳光弾だ。弾薬の底部に蓄光性の蛍光物質が塗られており、発射の際の火薬の光によって蓄光、銃身の外に出ると後ろから光っているのを見ることができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Ammo Inc USAさん(@ammoincusa)がシェアした投稿 -

    底部が光る以外は通常の弾頭と同じなので規制されない。発火するわけではないので火事などの心配もない。正面からは光っている底部が見えないので、タクティカルな用途に応用できるかもしれない。なお名称は「ストリーキングは後ろからしか見られない」ことからつけられている。

    こちらの動画では原理の説明や、一般的な曳光弾との比較を行っている。
    Streak Visual Ammunition - YouTube

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
    半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)
     半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場 (2018-04-12 16:04)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop