超リアルなミリタリーFPS「ARMA3」初の拡張パック「Apex」がリリース

ビデオゲーム
ミリタリーテーマのゲームのプレイヤーの大多数は軍隊経験のない一般人。なのでゲームとしてプレイしやすくなるよう、様々なデフォルメが行われている。その逆に徹底的なリアルさを追求しているのが「ARMA」シリーズ。続編が登場するたびに精密さの度合いが高まっているが、今回「ARMA3」初の拡張パック「Apex」が登場した。
「Apex」では南太平洋に浮かぶ「タノア島」を舞台にNATO派遣軍の一員として住民を守るべく現地の犯罪組織や武装勢力と戦うことになる。追加マップは100平方キロメートルにもなり、その他登場する部隊やその個人装備、10種の車両や航空機、また4人までが協力して遂行するミッションも追加される。

さらに追加データだけではなく本体部分のアップデーターも同梱される。見た目ではライティングや水の反射、霧などの表現が強化、音声の環境による変化もチューニングされるなど、ゲームのあらゆる部分についてパワーアップが図られる。

Steam上で販売が開始されておりApex単体で4000円、ARMA3とApex、またこれまでにリリースされたDLC3種がバンドルされたArma 3 Apex Editionが7499円となっている。

あまりにリアルなため最初は何をすればよいのか戸惑うほどだが、慣れるとその奥の深さにやみつきになるのが「ARMA」シリーズ。夏休みにはぴったりのゲームになるだろう。

Source: Apex | Arma 3
Steam:Arma 3 Apex
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201607
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。

タグ :ARMA3ARMAApex

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
縦スクロールシューティングアクションゲームの名作、カプコン『戦場の狼』がiOS/Androidアプリで登場
ゴーストvs麻薬カルテル! ゴーストリコン ワイルドランズ~LE祭 ボリビア編~レポート
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か
バイオハザード20周年を締めくくるファンランイベントが5/21に大井競馬場で開催
『ゴーストリコン ワイルドランズ』の店頭体験会が東京、神奈川、大阪で開催
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 縦スクロールシューティングアクションゲームの名作、カプコン『戦場の狼』がiOS/Androidアプリで登場 (2017-03-23 17:34)
 ゴーストvs麻薬カルテル! ゴーストリコン ワイルドランズ~LE祭 ボリビア編~レポート (2017-03-13 20:57)
 カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か (2017-03-02 12:40)
 バイオハザード20周年を締めくくるファンランイベントが5/21に大井競馬場で開催 (2017-02-24 19:42)
 『ゴーストリコン ワイルドランズ』の店頭体験会が東京、神奈川、大阪で開催 (2017-02-10 18:24)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop