NEWS

月刊アームズマガジン 2017 年 2 月号 好評発売中

専門誌
総力特集:最強のM4はどれだ?!

銃器市場の王者に君臨するAR15
その究極の形とは一体どんなものなのか!?

M4は実銃、トイガンを問わずもっとも人気のある機種だといっても過言ではない。事実、M4は数多くのメーカーが生産しており、そのバリエーションはもはや数えられないほどだ。当然、M4には数多くのカスタムパーツも存在する。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    そこで今回はM4の中からもっとも優れたもの、つまり『最強』のM4がどんなものなのかを探ることにした。実銃レポートでは海外ライターが持っているM4カスタムを紹介。どんな状況で、何を目的として、なぜそのパーツを付けたのか、各ライターのこだわりやコンセプトとともに解説。

    また特殊部隊出身のインストラクターがどのようなM4を持っているのかも紹介する。

    国内ではメーカー箱出し状態でのM4エアガンの基本性能チェックにはじまり、エアガンショップによるM4カスタムを徹底的にテストする。そして国内のエアガンライター4人が、コンセプトごとに最強のM4カスタムを製作した。

    果たして最強のM4とはどんな姿をしているのだろうか。今、M4の究極の完成形が明らかになる!

    ・海外ライターによるカスタムM4解説
    ・元特殊部隊員が使うカスタムM4
    ・M4トイガンの実射テスト
    ・ショップカスタム・インプレッション
    ・タイプ別M4電動ガン最強カスタム
    ・タイプ別カスタムガン・スタイリング紹介
    ・カスタムガン頂上決戦

    月刊アームズマガジン2017年2月号
    1,111円+税

    月刊アームズマガジン公式サイト:
    http://hobbyjapan.co.jp/armsmagazine/


    同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
    同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.18「テロと警備」が10/28に新発売
    ロシア特殊部隊の全貌「スペツナズ(Osprey Elite Series)」
    米軍制式小銃のすべて「M16ライフル (THE M16:Osprey Weapon Series)」
    ホビージャパン最新刊、『イラストでまなぶ! 軍事大国ロシア』が9/30に発売
    同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.17「ドイツ軍 降下猟兵と山岳猟兵」が7/23のVショーで新発売
    ラリー・ヴィッカース氏のAR-15本第2弾「Vickers Guide: AR-15 - Volume 2」が7月に発売
    同じカテゴリー(専門誌)の記事
     同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.18「テロと警備」が10/28に新発売 (2017-10-26 18:28)
     ロシア特殊部隊の全貌「スペツナズ(Osprey Elite Series)」 (2017-10-12 17:18)
     米軍制式小銃のすべて「M16ライフル (THE M16:Osprey Weapon Series)」 (2017-10-12 17:03)
     ホビージャパン最新刊、『イラストでまなぶ! 軍事大国ロシア』が9/30に発売 (2017-09-29 18:42)
     同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.17「ドイツ軍 降下猟兵と山岳猟兵」が7/23のVショーで新発売 (2017-07-20 19:13)
     ラリー・ヴィッカース氏のAR-15本第2弾「Vickers Guide: AR-15 - Volume 2」が7月に発売 (2017-06-22 18:56)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop