癌から回復したオーストラリアの 12 歳の少年が、対テロ警察部隊と 1 日を過ごす貴重な体験を実現

海外軍事イベント開催情報
重病の子供の願いを叶える「メイク・ア・ウィッシュ財団」が、オーストラリアで癌から回復した少年の夢を実現させた。

関連記事:
「海兵隊員になりたい」EOD チームが先天性の心臓病を抱えた少年の夢を叶える
2015 年に白血病と診断された 12 歳のデクラン (Declan McLean-Pauley) 君は、オーストラリア連邦警察支援の下で、国内カウンターテロ事案などに従事するスペシャリスト・レスポンス・グループ (SRG: Specialist Response Group) と、人質救出やブリーチングなどの訓練といった貴重な体験と共に 1 日を過ごしている。

デクラン君はまた、連邦議会でマルコム・タンブル (Malcolm Turnbull) 首相やピーター・コスグローブ (Peter Cosgrove) 連邦総督との面会も実現させている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍特殊部隊のメディックが「フリーズドライされた血漿製品」をフランスから輸入し戦場で試用する計画
第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍特殊部隊のメディックが「フリーズドライされた血漿製品」をフランスから輸入し戦場で試用する計画 (2017-03-30 15:50)
 第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝 (2017-03-30 13:19)
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop