NEWS

オーストラリア陸軍によるアドバンスド・コンバットシューティング訓練映像

海外軍事
オーストラリアの首都、キャンベラ近郊にあるマジューラ訓練場において、今月初旬におこなわれた戦術シミュレーション訓練の映像が公開された。同訓練場内には最近、試作トレーニングコースが新たに造成されている。

関連記事:
オーストラリア軍特殊部隊が試作トレーニングコースを使って陸軍の正規歩兵に戦闘射撃を指導

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Australian Army
    訓練は、非致死性の弾薬や爆発物を使用したもので、悪党の占拠するエリアを奪還し、付近の安全を確保するという狙いのものと、ツーマンセルよるバリケードを活用した実弾による射撃ドリルの大きく 2 つで構成されている。

    訓練映像では、建屋上階から乱射する悪党の存在を聞き付け、ピックアップ・ヴィークルで現場に急行したオペレーターが、市街地を模したコンテナ群を攻略しながら徐々に追い詰めていくという内容が描かれている。

    前回の映像と同様に、途中には国産のマラソンターゲットが利用されていることや、射撃ドリルのシーンでは、タブレット端末と連携してその結果を振り返っている様子も確認できる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop