NEWS

オーストラリア陸軍が海外派兵時の内部攻撃に対応する「ガーディアン・エンジェルズ」の訓練映像を紹介

海外軍事
オーストラリア陸軍が「ガーディアン・エンジェル(Guardian Angels)」の訓練映像を紹介した。

2012年、当時アフガニスタンで展開していた米軍をはじめとする連合軍は、味方(に扮し侵入した敵)からの「内部攻撃(green-on-blue attacks, or insider attacks)」に悩まされていた。その事態を重くみた、国際治安支援部隊(ISAF)のジョン・アレン(John Allen)将軍(当時)が、その抑止と迅速な対応を掲げてガーディアン・エンジェル計画を推進している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ガーディアン・エンジェルになるためには、一般兵士以上に、射撃技量、衝突回避などの車輌運転技術、コミュニケーション能力、負傷者に対する高度な戦闘応急手当てといったスキルが求められている。

    映像には、ガーディアン・エンジェルの兵士らが習得した訓練レベルの指標を示すだけでなく、実際にアフガニスタンの首都カブールで任務に当たっている現場隊員らのスナップショットが添えられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop