NEWS

オーストラリア陸軍が海外派兵時の内部攻撃に対応する「ガーディアン・エンジェルズ」の訓練映像を紹介

海外軍事
オーストラリア陸軍が「ガーディアン・エンジェル(Guardian Angels)」の訓練映像を紹介した。

2012年、当時アフガニスタンで展開していた米軍をはじめとする連合軍は、味方(に扮し侵入した敵)からの「内部攻撃(green-on-blue attacks, or insider attacks)」に悩まされていた。その事態を重くみた、国際治安支援部隊(ISAF)のジョン・アレン(John Allen)将軍(当時)が、その抑止と迅速な対応を掲げてガーディアン・エンジェル計画を推進している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ガーディアン・エンジェルになるためには、一般兵士以上に、射撃技量、衝突回避などの車輌運転技術、コミュニケーション能力、負傷者に対する高度な戦闘応急手当てといったスキルが求められている。

    映像には、ガーディアン・エンジェルの兵士らが習得した訓練レベルの指標を示すだけでなく、実際にアフガニスタンの首都カブールで任務に当たっている現場隊員らのスナップショットが添えられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop