オーストラリアのエアガンマニアが規制緩和を求める

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
実銃そっくりのエアソフトガン、そしてそれを使って撃ち合うサバイバルゲームは、世界のどこでもあまり良い印象をもたれていない。オーストラリアも例外ではなく、同国では銃規制の一環として、実銃とともにエアソフトガンも厳しく規制されている。

しかしながらエアガンマニアのほとんどは真面目な人が多く、自ら厳しいルールを課して周囲の誤解を受けないように、ひっそりと楽しんでいるのが現状である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    Stonehouse launches campaign to legalise airsoft
    オーストラリア西部に住むアーロン・ストーンハウスは、エアガンを合法化し、スポーツの一種として認めるように国に訴えるキャンペーンを起こした。おそらくこのキャンペーンは、豪で最も大きなエアガンに関するキャンペーンであろう。
    同氏は、Facebookにある、西オーストラリア・エアソフトクラブのエアガン合法化キャンペーンのページを見て、世界中のエアガンマニアから「いいね(Like)」して欲しいと訴えている。この運動が大きくなれば、オーストラリア当局や公安組織などと対策を協議することもできるだろう。

    このキャンペーンは、欧州エアソフト協会や英エアソフト協会の全面支援を受けている。

    関連記事:
    欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に

    Text: 友清仁 - FM201709

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催
    東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開
    東海地区最大級で快適設備を持つアウトドアサバゲーフィールド「青空ハッスル」
    新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート
    速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
     ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催 (2017-11-20 16:29)
     東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開 (2017-11-14 10:12)
     東海地区最大級で快適設備を持つアウトドアサバゲーフィールド「青空ハッスル」 (2017-11-13 17:53)
     新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート (2017-11-13 11:56)
     速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場 (2017-11-11 11:22)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop