ドイツBAAINBwがシュトルムゲヴェール計画の「招待状」を相応な事業者に対して発送

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

©Bundeswehr/Jane Schmidt
This photo is for illustration purposes only.
ドイツ連邦軍装備情報技術運用庁(BAAINBw: Bundesamt für Ausrüstung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr)は15日、連邦軍のG36リプレイス案件への参画を求める「招待状」を、相応な入札事業者に対して送ったことを明かした。

関連記事:
ドイツ連邦軍のG36後継小銃は2019年春にも選定か。より具体的なスケジュールが報道に

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    G36後継小銃の調達を目指した連邦軍の「シュトルムゲヴェール・システム(Sys StG Bw: System Sturmgewehr Bundeswehr)」の計画概要は、今年4月に欧州連合の入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)に掲載されており、それを見た複数の事業者が、その参画に関心を抱いていたようだ。水面下でのアプローチが如何ほどだったかは分からないが、BAAINBwは参画に相応しい企業に対して、6日付で書簡を送り届けたことが示されている。

    関連記事:
    ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動

    一報は大手軍事情報サイトのジェーンズ(IHS Jane's 360)が掲載し、その後、銃器情報サイト大手のザ・ファイアー・アーム・ブログ(TFB: The Firearm Blog)が取り上げている。


    Photo: RS556


    Photo: HK433


    Photo: SIG MCX


    Photo: SCAR


    Photo: Haenel Defense MK556


    Photo: Thales Group F90MBR
    TFBによると、シュトルムゲヴェール計画には①ラインメタルから提案されているRS556、②ヘッケラーアンドコッホのHK433、③SIG MCXといった既知の候補の他、④FNハースタル製SCARや、⑤ヘーネル・ディフェンス(Haenel Defense)製MK556といった名前をその候補として上げている。なお、これら5候補とは別に、⑥タレス・グループ(Thales Group)が「DSEI(Defence and Security Equipment International)2017」において、「F90」の最新発展型となる新世代ブルパップ式アサルトライフル「F90MBR(Modular Bullpup Rifle)」をシュトルムゲヴェール計画向けに開発したものだと明かしていることからも、6つ目の候補になることも推測できる。

    関連記事:
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop