吊り下げ式の外骨格システムを使って重厚な防弾シールドの負荷を軽減

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Press Release
NIJ 規格レベル IV に対応する重厚な防弾シールドを、画期的なクレーン式システムと組み合わせることによって身軽にする、初の個人携行製品「リーパー・シールド・サポート (TRSS: The Reaper Shield Support) 」システムが発表された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    防弾シールドを手掛けているベーカー・バリスティックス社 (Baker Ballistics, LLC.) の MRAPS-IV (Mobile Rifle Armor Protective Shield) は、米司法省研究所の定める防弾性能規格、NIJ (National Institute of Justice) においてレベル IV をパスした製品。


    Photo from Baker Ballistics
    全長 76 センチメートル×全幅 37 センチメートル余りの面積を、敵から放たれる銃弾、.30 M2 AP (徹甲弾) から隊員の身を守ることができるというもの。しかし一方で、その重量は 10 キログラムを超えるため、持ち続けるにも負担が大きく圧し掛かってしまう。

    そこで TRSS では、この問題を解決するために、アドバンスド・アキュラシー・ソリューションズ社 (AAS: Advanced Accuracy Solutions LLC) が開発を手掛けている外骨格式のクレーンシステムを活用。

    特許取得済のこのシステムを使うことで、シールドの全重量および武器の重みが、外骨格構造を介して吊り下げられるため、使用者のウェスト付近へその重量負荷を分散することができる。

    これにより、危険な任務の中でも、肉体的な疲労を緩和し、自身の安全を担保しつつ、敵と対峙することに専念できる。

    なお、アドバンスド・アキュラシー・ソリューションズ社の手掛ける外骨格式クレーンシステムは、2015 年 5 月にオーストラリア陸軍がリーパー・ウェポン・サポート (Reaper Weapon Support) の導入を見据えた評価試験を実施している。

    関連記事:
    豪陸軍、リーパー・ウェポン・サポート (Reaper) システム導入に当たって評価試験を実施

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop