NEWS

米陸軍が 2020 年の配備に向けて初のスナイパー用統合火器管制システム「BOSS」を開発中

海外軍事

Photo Credit: U.S. Army
米陸軍が、長距離射撃の任務に就くスナイパーの射撃能力とその精度の向上を狙った、初の小火器向け統合火器管制システム (first integrated fire control for small arms weapons) の開発を進めている。

ちょうど 1 年前に、今回のものとの直接的な関連こそ明記が無いものの、米陸軍が歩兵向けスマート光学機器の導入を検討しているという一報があったことが思い出される。

関連記事:
米陸軍、スマート光学機器導入を検討

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「弾道的に最適化されたスナイパースコープ (BOSS: Ballistically Optimized Sniper Scope) 」と名付けられたこのシステムは、戦場に送り出す兵士に携行させる火器類の性能改善という重責を担っている、陸軍の PM SW (Project Manager Soldier Weapons) が開発を主導している。

    BOSS は、ピカティニー規格レイルに対応したスナイパーウェポン向けの「完全統合化」された火器管制システム。重量は 3.5 ポンド (=約 1.6 キログラム) で、6-22 倍率の光学系統と精密で安全なレーザーレンジファインダを備えている他、内部環境センサー一式、標定傾斜計プラットフォーム、弾道計算機を包含している。弾道計算機は洗練されたもので、ターゲットまでの距離、射手の置かれている環境、使用されるスナイパーライフルとその弾薬により算出するための標定データを使用する。

    これによって、射撃をおこなう際に射手は、スコープから目を離したり、ターゲットの視界画像を失うことは無いという。その為、より良い状況認識能力を維持しながら、目標を再設定するための余分な時間と労力を避けることができる。


    Photo Credit: U.S. Army
    また、ミリタリー用途において複雑な電子装置を利用する際に最も懸念される、思いがけない電子系統のトラブルについても、その備えを持っているようだ。

    陸軍は過去数ヶ年に渡って、数多くの BOSS プロトタイプを取得し、軍所有の基地やセンターでそれらの評価試験をおこなってきた。そして、これまでの評価試験の中で収集されたデータによると、BOSS は革新的にヒット率を向上させるだろうとのことで、とりわけ遠距離になればなるほどその効果は絶大であることが示されている。また、あらゆる射程距離で、狙ってから撃つまでに要した時間を半減させることに寄与しているとのこと。

    陸軍では、このまま順調に開発が進めば、早ければ 2020 年にもスナイパーたちの手元に届けられる見込みだとしている。

    また、元々はスナイパー用に開発が進められているが、当然にして技術的には他の小火器にも応用が利くために、歩兵全般に向けた投入も視野に入っているようだ。

    PM SW の幹部は「ボタンを押す操作 1 つで、誰もがマークスマンとなって狙いを定めることができるようになる―。我が軍の兵士が戦況を変えることになるかもしれない」とし、近い将来での優位性確保に期待を寄せている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop