バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始

ミリタリー模型・フィギュア
米国の銃器メーカー、「バレットファイアーアームズ(Barrett Firearms Manufacturing)社」が、1/6スケールのアクションフィギュアを手掛けている「ミッション・スペシフィック・イクイプメント(MSE: Mission Specific Equipment)」と提携し、同社製スナイパーライフル「MRAD(Multi Role Adaptive Design)」の公認フィギュアの販売を始めた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Toy MRAD 1/6 Scale, FDE


    Photo: Toy MRAD 1/6 Scale, MRB


    Photo: Toy MRAD 1/6 Scale, OD Green


    Photo: Toy MRAD 1/6 Scale, Tungsten Grey
    12インチの戦闘アクションフィギュアに最適なスケールとなり、各ミニチュアライフル共に以下のアクセサリー類で構成されている。
    ・ライフルスタンド×1個
    ・タクティカル・バイポッド×1個
    ・長距離ライフルスコープ×1個
    ・PEQ×1個
    ・ライフル専用マガジン×1個
    ・レイルシステムセット×1個
    FDE、MRB、OD Green、Tungsten Greyの展開で、価格はいずれも39ドル(=約4,400円)の値札が掛けられている。

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)
     中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出 (2017-06-21 13:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop